プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:動画紹介

久しぶりに動画の紹介をさせていただきます。
 
ボディーワークを伝える以上、
私のような立場は文章よりも
動きを示してなんぼなので(笑)、
しばらく動画投稿を上げるかも知れません。
 
 
 
『 内功八段錦 ないこうはちだんきん 』という、

気功運動です。

https://www.youtube.com/watch?v=DHyA_0G5rJk
 
 
 
動画ではさらっと終わらせてますが、
そこはあくまで御紹介。
 
 
実際は一つの立ち方から
 
各動作をじっくり練り込んで、
 

一つのに型に眠る深奥を掴んでいき、
練習者の感覚の解放を促す訓練です。
 

1514592_463316850500841_1860336561325047593_n.jpg


 
細かなところは直接指導ですが、
 
心と身体が揃い、
全身が無駄なくまとまることによる体感は、

 
生活における今までの
あらゆる動きの質が
自ずと変わって参るものです。
 

 
 
特に練習者は体幹の内部に意識を凝らして、
 
背骨の脇から骨盤内を走る
インナーマッスルを意識されると
内部に働きかける変化を促進させます。
 
  

 
動画における主な動作は、
 
☯たんとう基本三式
 

☯呼吸を調える、昇・降・開・合
「寧神調息(ねいしんちょうそく)」
 

☯受容力たる女性性と密接な、
身体の中心、
脾臓と胃を調えるポーズ
 

八段錦②


☯夏場に密接な
心臓と小腸の働きを調えるポーズ
 

 

「内功八段錦 ないこうはちだんきん」は、
 
まだ動作のトレスだけで、
誰にもその精髄を伝えきれていないので、

いずれ一日講習会でも企画をして
しっかり伝えたく想う、

シンプルにして奥深い
伝統気功のひとつです。

 

 
☯「内功 ないこう」とは、
身体の内側を練る・・・

状態的には主に一定の運動による
骨盤内の活性化によって、

身体のなかを流れる内気 Vital energy…
インナーパワーを養うことです
(自己信頼、内なる自信につながります)。

 

インナーマッスルを中心とした
筋骨格レベルの整体運動による調整をはかり、

基本訓練 「站椿 たんとう」 で育てた内気の力を、

 
八つの計算された、

太極拳よりもシンプルな動作によって

全身にエネルギー(内気)を満たしていくアプローチです。

 

8つのシンプルなフォームは、

緻密な内部に対する意識の力
(内観・観察と集中力)により、

保健医療効果をもたらす運動であり
(未病のうちにしっかりと)、

 
五臓六腑…各内蔵器官に相当する経絡
(気の通り道)の調整を

無理のない、安全な形で促すものであります。
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ