プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

「 行住坐臥 ぎょうじゅうざが 」

 

“行”は行動すること。

“住”は、じっとすること。

“坐”は、すわること。

“臥”は横になること。

 
要は、寝ても覚めても。
 
 

この場合、取り組み続けて来たことが、
 
いついかなるときでも
「発揮できる状態」を指します。

 

昨日、「ホームエンターテイメント」と題した、
冗談のような動画記事を挙げましたが、 


☯「行住坐臥 ぎょうじゅうざが」

 

ただ教えられることを待つだけでなく、

教えられた範囲で、
次の直接指導を受けるまでの間、
 
自分でもなんとか
あぁでもない こうでもないと創意工夫をして、

たとえば通学や通勤時間を活かして
身につけるような努力は必要です。
 

 
私が伝えるボデイーワーク体系の中心核であり、
力の源泉とも言える、
 
「站樁 たんとう」という訓練法があります。


1514592_463316850500841_1860336561325047593_n.jpg

 
 
 
これはその効果の一側面だけ挙げますと、
 
不動の状態を保ちながらも正しく行えば、
不動でありながらも
(実際には限りなく不動に近づけた微動)
 
体幹部の深いところにある筋肉、
最近で言うインナーマッスルを鍛えてくれる
 
「特殊な運動状態」でありますが、
 
 
 
それこそ電車待ちの駅のホームや、
揺れる車内で吊り革をつかまずのバランス訓練など、
 
私は四六時中、工夫してよくやったものです。
 

こないだなんか「站樁 たんとう」なんて知らない幼児が、
親が自分の高さの視点で しれっとしているなかで、
電車内でたくましくバランス訓練してました。
 
・・・こん子は きっと大物になる・・(笑)
 

 
話し戻りまして(笑)、
 
学んだことをひとつひとつ、
 
自分なりに消化(昇華)することが大切です。

 

私自身は そろそろ46になりますが、
たまに人に聞かれるのですよ。

 
「週どのくらいトレーニングされてるんですか?」

「痩せてていいですね」

・・・私はこう答えます。

 
「毎日です」

 
 
教室や講座での指導などは別にして、

何曜日の何時間とか限定しているわけではなく、

生活起居のすべてがトレーニングや「行」になってます。

 
 
日常の身体つかいすべて。

 
 
一般労働ほか、

洗濯干すときもそう、

スーパーに買い物に行くときもそう、

料理を作るときもそう。

 

エネルギー効率の良い姿勢状態、
 
使うべき筋肉や気血の状態、

空間における神経の張りかた、

すべてです。

 

何かを真摯に修めたい場合、
それは武術やボディーワークに限らず、

常に「気に掛け」、
その費やした圧倒的な時間の量の蓄積が、

真に「身につける」ことにつながり、

その刹那…いざという時にパッと適切に対処できる

処理速度と申しますか、
意識の早さと反応力が身につきます。
 

 
これは他のあらゆる仕事や、
非常時の対応力にも結びつくスキルです。

 

この圧倒的な時間の質量により蓄積された力を

中国武術や気功の世界では「功夫 Kung-fu 」と言います。

 
この場合における質量の「質」とは、

なにか事に当たって臨む上での、

絶え間のない意識のことです。


10470603_371588366340357_3134045237921210466_n(1).jpg
 


やったりやらなかったりしている状態と、
毎日続けて行っている者に、
 
天と地ほどの差が生じるのは、
どの分野にも同じことが言えると思います。
 

 
体系立てられたボデイーワークの、
なにかひとつでも修めようとする場合ですが、
 
現代は圧倒的に基礎体力の足りない方が多いです。
 
 

初学の内は身体慣らしの5分単位から始め、
 
毎日続けて3週間ほど、
 
それでひとつの「回路」が出来てきます。
 
 
 
身体ならしの段階から
次へシフトする練習量としては、
 

10分から40分を目指すと良いです。
 
 
だいたい40分くらいが、
人の脳や心身に
目覚ましい変化が起きてくる基本単位と言えます。
 
それ以上長い時間おこなっても、
脳内の集中力の持続性の問題で、
効果はそれほど変わらないでしょう。
 

 
ただし、
複数の生徒さんや参加者が加わり、
いろいろな訓練要素で組み立てた、
毎月の一時間半や2時間枠のレッスン時間は別です。
 

たとえば温泉景勝地など、
日常と隔絶された合宿リトリートともなれば、

濃密な時間を共にするミラーニューロンによる
こころとからだへの浸透度は、
飛躍的に力をつけてくれる体感を
参加者は経験することとなります。

 

 
練習時間の10分と40分の違いは、

たとえば痩せるために始めたジョギングとしてみましょう。
 
単純に10分で日々、続けて、
痩せるとは思えませんよね?(笑)
 
 
 
自分の身体の一体どこが緊張していて、
どこがリラックスできているのか、
 
意識の凝らしのない、
漠然とした器械的な運動動作では、
効果はさらにありません。
 
 
 
40分走ってそれで痩せないようであれば、
そこで始めて食生活や
生活リズムなどの見直しとなりますが、
 
 
 
初めからできる できないではなく、
 
 
人生とはシンプルに
 
 
やるか やらないか、
 
 
からだとこころの適切な反応力の変化など、
 
すべて絶え間なく続けてきたことの、
 
結果にしか過ぎないと、
 
 
私の経験上としては感じ 想うわけです。
 



写真はすべて明治・大正・昭和の方々です。

わたしたちは便利さの、

そして豊かとされるなかで、

何を得て 何を失ったのか、

一緒に感じ 考えたいところです。



ベアト⑤  米俵①


米俵②


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ