プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

意いたれば 気いたる

 
こころ向ければ 
 
「気」は既にそこに在るという意味です。

 
 
料理で使う包丁、掃除に使う雑巾ひとつ

その他あらゆる道具にまで宿るものです。

 
特に水もの・・・料理やお茶出し、花の水やり

本人の“気の状態”が素直にノります。

 
 
怒って作れば、その怒気により、

それなりのものが出来上がります。

 
物事に対してどんな意識で取り組むのかは、とても大切なことです。

 

 
うまくは翻訳しにくい、わたしたちの感性力の現れとして

それは「空気を読む」ことともつながることですが、

 
東洋の叡智とは、「気を読み取るスキル」と言えます。

 

 
茶道…茶室という宇宙に入る前に、

茶室へ向かう庭に足を踏み入れたところから

「茶」に こころ と からだが 向かうべく、
 
有・無に限らずに意識の作用が働くような「装置」と成っています。

 
 
神社参拝・・・ 参道に足を踏み入れ、
鳥居をくぐって神域に入り、

畏おそれながら神前に
からだ と こころ を向けることも同じことです。

 

 
あたまがちがちで進退極まり、とても悩んだ経験をされた方。

 
仕事でも家事でも その作業において、

何か物事に取り組む際、感情をフラットにして行うよう
つとめてみてください。

 
 
それは「無」になることとは違いますが、

また「無」になるための訓練でもあります。

 

 
本質的なことや深い事柄を説明しようとするとき、
言葉はあまりにも非力であり、
またケースバイケースにより、
ときにはこちらも矛盾をはらんだ言いかたをすることがあります。

 

 
たとえば老子の説く「無為自然 むいしぜん」とは、

ただ何もしないとか、

社会と隔絶されたところで悟るとか、

そんなものではなく、

 

この天と地のはざま 
 
人と人としてのはざまにおいて(人間) 

 
人間として最大限に働きかけ 

あとは干渉なしで物事を開け放ったところで 

 
より良き状態を目指して改善に向かって働き出す
 
「力」の作用を指します。

 
 
 
脳の生理(整理)機能がじゅうぶんに働くためにも

スペースを空けるべく、つとめてポカンとしてみます。

 

 
人為的に作られた、 
農夫の良く手入れされた「気」の行き届いた田んぼが、

 
日の光、風の流れなど自然の恵みを受け、

田んぼという宇宙に かわず鳴く生き物を宿し、

その水面はさらに「気」に溢れ 光り輝き 

われわれが口にするお米という恵みと成る

 
10302027_288575614641633_8635357104396230921_n.jpg



顕在意識と潜在意識の関係にもつながることですが、

「無為自然」…ほんとうのプロセスとは、

表面下の見えない部分で起こっているのだということを、
こころにとめておいてください。

 

この意識の統合を、取り組まれる方それぞれにおいて、

本人も知らずして

結果、
 
絶妙なバランス状態で成り立たせるのが、

内観(観察と集中力)を伴ったボディーワークの奥義です。

 

私のレッスンを体験された方はおわかりになると思いますが、

それはなんてことない、

 
眠りと覚醒の中間を

そのこころと からだにおいて 運動実現させるだけです。

 
10670200_781965295192626_8629337436626370672_n.jpg



その実現のカギともなることですが、

・・・とても普遍的なことを述べます。 

 

 
何かを 
ものを学ぶには素直さが必要です。

 
ご自分にとって本物なり、そこに何かを感じたのであれば、

 
一定期間、からだもこころも投じて「没入」することは、
とても大切な姿勢です。

 

逆にあなたが既に何かを知っているのであれば、

それは学識ではなく、

人生上、ご自分なりに つかんだことでも何でも良いことです。

 
 
学んだことをご自分なりに整理して、

人さまにお伝えすべきです。

 
 
知識はそれだけでは机上のことであり、

その知識は、わたしたちがより良く生きていくための
 
「知恵」に成らなければいけません。

 

 
それから 
受け入れ能力というものがあります。

 
今はまだ自分にとって意味がなく、

何もこころに響かないようでしたら、

無理に理解をしようとしたり、

受け入れようとしてはなりません。

 
 
今はまだ理解できず、また反発を感じてもいいんです。

 
ご自分の受け入れ能力が高まりますと、

あとになって必ず

それがとてもシンプルで、とても価値あることなのだと

気づくときが 必ずやってきます。

 

 
自分は既にすべてを知っているとし、

また疑いと抵抗の念を抱いて事にのぞむ人は

何かに取り組んだところで、ほとんど何も学び得ません。

 
理 ことわりが無いとして、「無理」と書きます。

 
無理をせず、

ご自分の成長と、こころの平和と、

こころ豊かになることを
 
喜んで学べる姿勢が整ってから取り組まれたほうが、

 
多くの気づきとともに、
 
人は多くのことを学ぶことができるのです。

 

10393933_383825515116642_2207869712393113615_n.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 個人指導

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ