プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:お知らせ
鍛金

 

今回、展覧会のお知らせをさせていただきます。
 
杉島 大樹 + 関野 亮 作品展
 
場所:銀座「日々」
http://www.epoca-the-shop.com/nichinichi/access.html 



会期:6月12日(金)~17日(水) 最終日17:00閉廊


「鍛金 たんきん」という、
 
金属が魅せる様々な作品たちを、
この機会にどうぞご高覧下さい。
 

 

杉島 大樹さんという作家がおります。
 

「これまで頭の中で
形を決めてから作っていました。
今回は、感覚を頼りに手を動かすということを
繰り返していたら、形が現れてきました。」

 
杉島 大樹 Sugishima Taiki
 1976 岐阜県生まれ
 2001 広島市立大学芸術学研究科
    博士前期課程彫刻専攻修了
    鍛金家 鬼頭正信氏に師事
 2002 鍛金家 土屋豊氏に師事
 2008 長野県伊那市にて独立

 

◎「鎚の記録」

金属作家 杉島大樹の制作日誌

http://blog.livedoor.jp/taikikobo/
 

ある日、強い腰の痛みを訴えて、
彼は私の施術を受けに来たのですが、
 
からだとこころにおける
インスピレーションが生まれるのか、
今年に入ってから、
私の個人レッスンを受けている方です。

 

出会いそのものは一昨年の夏、
 
「鍛 金 たんきん」…金属で出来た“花器”を拝見に、
 
「信州高遠美術館」に足を運んだのが最初でした。

 
 
“鉄は熱いうちに叩け”…覚えたる感覚の火を絶やさぬよう、
重ね続けて錬磨するのも、
こちらのボディーワークの姿なのですが、
 
彼の作り出す「鍛金」の世界に共通するものを感じて、
大いに唸らされたものでした。
 

美術館などに足を運び、
それぞれの芸術家の作品に触れるとき…
それはそれで部分的に感性に響くことは多いのですが、
 
彼の完成度の高い、
金属の質感が醸し出す「宇宙」に
始終うならされたものです。

 
 
お会いしたとき、
杉島さん自身から一品一品、
 
金属の花器として、
その「形」になっていく工程を詳しく
お聴きすることができました。

 
 
周辺の野山から採ってきた
草花を活かした挿し花の妙、
 
展示する花器だけではない、
それを置かれる台座の目線の高さにいたる空間構成まで、
それはひとつの「宇宙」であり、
 
“空”の体認を経て宇宙を感得する、
内観ボディーワークとの共通性を強く感じて、
 
ひじょうに感じ入り、
唸らせられ、
また元気をいただけたひとときでありました。

 
鍛金②


 
それが均等にバランス良く、
器として立つためには、
同じ力の配分で乱れることなく金属をたたき続けて仕上げる、
杉島さんの「氣」が宿るストイックな作業の在りかた。

 
錫(すず)や銅の金属の重さと
 
「形」がもたらす安定感は、
 
「上虚下実 じょうきょかじつ」…
 
下半身はどっしりとし、
上半身の余計な力は抜けていくとする、
 
こちらがボディーワークの主軸として伝える訓練法、
「たんとう」との共通性を感じるものです。

 

杉島さん、当初は金属で「白」…
陶器の白磁の色を表現したかったそうですが、
なかなか困難と判断。
錫や銅の表面に銀箔を貼る手法に変えたそうです。

ところがこれが絶妙な、
空間を鎮静化する美しさを放っているのです。
 

鍛金③


 
私はこの金属質のものが、
おそらく展示会に足を運ばれた方に、
彼の作品にむかわれた方に、
 
無意識レベルで精神を清め、
気持ちを鎮める効果を持っている…
そんなうれしい発見をしたのです。

それはそのまま宇宙の法則性、
規律性を現すものであり、
言葉ひとつで表現できない喜びを感じたものです。

 

杉島 大樹さんの「鍛 金 」の世界。

この機会に ぜひ高覧下さいませ。



鍛金⑦


鍛金⑧


スポンサーサイト

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ