『 プライド  Pride 』


プライドというものは捨て去って 捨て去って、
 
それでも浮き上って来る最後の「矜持 きょうじ」をいいます。
 

 
 
「矜持」というものは、
 
それぞれの社会的な立場も絡みますが、
 
わたしたちは みな人間・・
 
人のはざまで生きたる(息たる)生きものです。
 

 
その人のはざまで、
 
フルに自分の能力を最大限に発揮して、
 
人さまに受け入れられ、
 
喜びを受けたとき、受け容れたとき、
 

 
はじめてそこに健全な循環が生まれ☯、
 
わたしたちは人間としての
 
「よろこび」に満たされてゆくのです。
 

 
それがついつい個人に終始しがちな
自尊心と違うところです。
 

 
 
あなたはどこに立っているか?
 
そしてそこから浮かび上がってくるのは何か?
 

 
プライドというものは捨て去って 捨て去って、
 
それでもなお、浮き上って来る
 
最後の「矜持」をいいます。
 

 

山下 俊行



垂とう勢


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR