『 志し こころざし 』  


「志し」とは、
 
 
己が心の向うところ、心のめざすところ、
 
 
その動きの 今まっただなか、
 
 
その動きの「状態」そのものを生きたる
 
 
姿勢・勢いであって、

 
 
「目標」そのものという、

当面、〝自分が〟どう成りたいという
質の動きとは少し違います。
 

 
 
私心 わたくしごころなき、
 
高潔なる魂を
 
 
「志し」というのだと
 
私は捉えます。
 

 
 
幕末の志士、中岡 慎太郎の言葉に
 
涙する夜。
 

高潔なる先人が築いた歴史と国土の上に、
 
わたしたちは生活できているのです。

 

 
「志しとは、
目先の貴賤(きせん)で動かされるものではない。
 
望むべきは、その先の大いなる道のみである。
 
今 貴い(とうとい)と思えるものが、
明日は賤(いや)しいかもしれない。
 
今 賤しいと思えるものが、明日は貴いかもしれない。
 
 
君子となるか、小人となるかは家柄の中にない。
 

 
君、自らの中にあるのだ」  中岡 慎太郎
 
 


中岡慎太郎



◎「土佐勤王党 - 不滅の志」 その歴 (1/4)
https://www.youtube.com/watch?v=Q0gx_NBrmlo
 

◎「土佐勤王党 - 不滅の志」 その歴 (2/4)
https://www.youtube.com/watch?v=feG_YJWI354
 

◎「土佐勤王党 - 不滅の志」 その歴 (3/4)
https://www.youtube.com/watch?v=njVyEw4cdSY
 

◎「土佐勤王党 - 不滅の志」 その歴 (4/4)
https://www.youtube.com/watch?v=DjbuQTNGJR0



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR