プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
「丹田」 を 内観する


それは私が伝えるボディーワーク上において、

基本にして奥義にすえる「站椿 たんとう」の姿勢要求にも共通しますが、


まずはご自分の体力や体調に応じて、

立っていても 椅子に腰をかけても良いです(浅くね)

あぐら座りでも 横になってもOK



ご自分の背中・・・特に背骨を意識して



背骨を立たせる以外の 肩や胸などの余計な力をいっさい抜いてみる


自分を骨だけの存在とイメージし、

骨だけで立ったり 座ったりしているのだと

ご自分の感覚でからだを導いてみる



うなじの力を抜きながら、頭のてっぺんを天に届けとばかりに

ご自分の意識主導で引き上げてみます


同時に足の裏・・・軽く足ゆびで

床や大地をつかみながら 


腰をさかいに 上(天)と下(地)に

からだが優しくいざなわれているように

感覚をやわらかく集中してみる・・・ここで矛盾力または争力と呼ばれる

一方向だけではない力場の形成をします。




「内観・観察と集中」…

やや寄り目かげんに人差し指に精神を集中して


ゆびを軽く眉間に触れたあと 目をつむり
(まぶたの中で やや寄り目は続けたまま)



脳内部から 柔らかな太陽の光が出て

背骨のなかを通り


へその奥 3センチの辺り


丹田に光が届いて照らすよう 

豊かにイメージしてみる



唾液を飲み干して 食道を通り

胃の底に落ちるような感覚誘導でも良い(腑に落ちる)



胸や肩、腰の緊張を抜き

おへそにぽっかり穴が空いて

そこで静かに呼吸をしているような感覚…これを口鼻の呼吸ではなく


ツボ呼吸、または胎息(たいそく)と言います。

胎児はへそで呼吸をしているでしょう?




丹田(太陽神経叢 しんけいそう。叢は草むらの意)

最近の学説ではリトルブレインとも呼ばれる、
人類進化の最初の脳。

昔の日本人は、ハラにこころがあると捉えていました。



はら奥の太い神経節を刺激し、

自律神経を調え(便通…腸のぜんどう運動など、

多くの内臓機能の調整にもつながります)、


こころとからだを安静…平和な状態に導くアプローチです。




先に書き記した姿勢など、

要求される からだの状態がスタンバイできたら


5分ほど目をつむって

静かに おへその奥に“なんとなく”集中してみる


ゆっくりね・・・鼻から吸って鼻から吐く

あるいは鼻から吸って 口から吐く・・・


特に吐く息にだけ注意をはらって 

吸うときは自然に空気が

〝吐ききったぶん〟 からだに入ってくる感じで。

空気が入ってくるときに

からだが背骨を中心にして前後左右…広大無辺に広がってゆく感じで。


こころを伸びやかにね。




ポイントは温感。

おへその奥に温感が生じたら(あなたの内気の高まり)OKです。




知り得たことを とにかく実践してやってみる

性急に結果だけを追い求めず

穏やかに取り組める時間をご自分で設定して、



とにかく“毎日”、

少しづつでも良いから取り組んでみる。


勉強でも仕事でも他の領域でも皆そうですが、



何でも小慣れないと、

観えてこない世界というものがあります。



要求される姿勢ひとつ“身につける”だけで、

たとえば所作ひとつ、

心もちひとつ、


今まで気づかなかったことに「気付いていく」…

それがどれだけ価値あることか…



あとは実践されておかれますと、

私に直接会ったときに、

吸収とステップが早いです(笑)



茶道…茶室に向かいながら、

庭を踏み歩きながら

こころとからだを調えていき、

茶室という「宇宙」に入り、

ご自分の在りかたを見つめる空間仕様に成っている…

そんなとらえかたも御座います。




「丹田」を 内観する

ぜひお試しあれ。



丹田内観




スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ