プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介

みなさま、残暑お見舞い申し上げます。

先日の8月8日で「立秋」を迎えましたね。
 
 
体感的にはまだまだ夏真っ盛りな感じですが、
自然やわたしたちの身体は少しずつ、
 
「秋」のからだへと移り行く季節となりました。

 
 
 
☯「秋」…気の運動法則では、
葉がはらはらと舞い落ちてゆくように、
 
春の上昇、夏の開放的エネルギーから
 
エネルギーは地球の重力に
素直になるように下降傾向となって
 
わたしたちの「気が落ち着く」季節となります。

 

“気落ちする”という言葉が昔からありますね。

臓器のケアとしては「肺」及び、
 
「肺」を中心とした経絡(けいらく)…
 
わたしたちの体内の
 
「内気」の動きのネットワークのケアを、
 
教室や講座、またこうしたブログ上でも少しづつ、
お伝えして参りたいところです。
 


11720697_832534113508919_170550537_n.jpg


 

胸のケアとは
呼吸器のケアに他なりませんが、
整体運動としてはいろいろな
取り組みかたがございます。
 
シンプルなやりかたから突っ込んだケアまで、
これから秋へ向かう季節の訪れとともに
少しずつご紹介して参りたく想います。
 
直接指導にまさるものはありませんが、
Web上ではまた限界もございますが、
なるたけ尽力いたします。

 
なぜなら秋は「肺」・・・
呼吸器の健康につながりがあり、
東洋医学…わたしたちが暮らし行く土壌である
この東アジアの時空間、
 
そのとらえる宇宙哲学上においては、

その心理、心の動きに相当、影響するは
 
まさしく秋の心と書いて
 
「愁い うれい・悲しみ」だからです。

 
 
英語圏でもハートブレイク、
オープンマインドなど、
胸の動きに直結した
からだことば が御座いますね。

 
生老病死…生きていれば誰もが経験・体験し、
そして味わうことになる「悲しみ」

 
 
おそらく喜怒哀楽という
人間が味わう感情の動きのなかで
一番抜けにくい、
大きな感情ではないでしょうか。

 
また「悲しみ」というものは「怒り」どうよう、
純粋昇華すれば、
わたしたちを傷つけるだけではない、 
 
「悲しみという力」と成りゆくものです。
 

 
悲しみをしっかり味わうことができる方は、
人に優しくそっと添うことも出来る方です。
 
 
 
 
経験・体験というものは
生きていれば誰の身にも起きています。
 
ただ、病気やケガのとらえかた同様に、
喉元すぎればと忘れてやり過ごさず、

その場しのぎの依存心などで
不透明なものとせず、
 
 
ご自分にとって
いったいその経験や体験は
どういうことであったのか…

 
静かに振りかえり、
落とし込む こころの作業は、

今後の人生をわたしたちが豊かに生きる上で、
 
お互いを支え合う人間としての
 
真の「自立」の意味でも
とても大切なことだと感じるのです。

 

 
以下にご紹介する「肺」のケアひとつ、
元気なときに意識下において
一定時間・一定期間取り組み、
身体のケアを積み上げていくことは、

そういった訪れ経験してしまったご自分を
 
客観的に温かく「観る」尊い時間と成ります。

 
 
 
☯内観(観察と集中)
 
いま、あなたの胸はどうか、
 
ハラはどうか、

あたまは… 足は…

 
皮膚感覚の延長のような感覚で
 
小さな宇宙である ご自分を
 
「観て・観じていく」作業は、

 
そのまま世の中の流れを俯瞰し、

冷静に判断し、

 
ご自分にとってほんとうに必要なものを
取捨選択していく「力」となります。

 

 
「肺」の生理機能や
その他もろもろのご説明は
また少しずつお伝えするとして、
 
今回は本日の運動の要点だけお伝えし、
 
 
わたしたちの胸の内、
 
「肺」に流れている気持ちを感じとり、

 
「肺の気…宗気 そうき」と呼ばれるエネルギーを
高めていただけたらと願います。

 
 
心を静めて取り組めば、
これだけで「手当て」というケアになるのですが、
 
“ご自分の胸に手を当てて
よく聴いてごらんなさい”

そんな言葉も昔から良くございますね。

 
☯「宗気」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97

 
………………………………………

 
ここからは具体的なボデイーワークです。
 

☯動画
 
立秋過ぎて、「肺」のケアの季節へ。
https://www.youtube.com/watch?v=KS0SLBQjuoM

 
 
動画説明になりますが、
 
まず、あぐら座りでも、
腰がキツいようならダイニングや
オフィスのイスの上でも、
床にタオルを敷いてもOKです。

 
 
「背骨に気息を通す」…
 
座骨でしっかり大地に根を生やすように、
じわりと床やイスの上に座ります。

 
ご自分の背骨の中に
すっと息を通すように無理なく背骨を立て、

あたまのてっぺんを
うなじに緊張がはしらない程度に、
スッと天井に近づくような感覚で。

 

胸はあまりはらずに

肩は自然に落とし、

 
おへその奥(丹田)を
ご自分の皮膚感覚の延長で、
 
“なんとなく”感じとります。
 
 
 
この〝なんとなく〟感じるというのが
感覚上のポイントです。
 
 
 
こうした質の運動において、
眉間にしわ寄せるようなカタい集中力は
必要ではありません。

 

 
☯「壇中 だんちゅう」

乳頭を結んだ胸骨の線上、
胸の中央に「だんちゅう」というツボがあります。
 

壇ちゅう

 

そのほぼ真うしろの「きょうせき」と呼ばれる箇所。

正確に知らないでも大体でいいです(笑)
 
 
胸の表面と背中側、
この「だんちゅう と きょうせき」を
 
トンネルを通すような感覚で意識でつなぎ、
 
ゆっ・・くりと振り子運動を始めます。

 

背骨可動域




私たちの背中にある二枚の羽…
肩甲骨を大きく寄せるようにすると、
 
胸の中心から
大きく からだ が開いて参ります。

 
オープンマインド。

胸を大きく閉じたり開いたり、

 
 
呼吸は自然呼吸でつまらせず、

動きに慣れてきたら 
 
動作は軽快、
リズミカルにスムーズに。

 

これは骨盤のストレッチにもなりますので、
後ろに からだが振れる場合、
胸を閉じられるときは
座骨の後ろで上体を支える形になります。

 
最初は5分くらいを目安に始めると良いです。

 
振り子運動がゆっくりおさまるように 
やがては動きを静かにピタリととめ、
 
そのとき からだのなかに生じた微細な変化を
 
内観(観察と集中)していきます。

 

最後は両手のひらを重ねて、
ゆっくり胸から下腹にかけてなでおろし、
へそ奥…丹田に「気」をチャージして終了します。

 
この夏の終わりから、
より良い秋を迎えるためにも、
 
「肺の気」を高めて参りましょう。



11760147_483826341783225_7820174191904217756_n.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ