プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
*以下に述べることは、あくまで「五行」の観点に基づいた論説です。




漠としたとらえかたからは

漠としたものしか産まれない




「気」とはミクロな原子運動であり、

人体内外、自然界に存在し、

その機能性…運動システムをもって、

この世界の現象面として現れる、

微細な物質構成要素の触媒でもあります。



人工臓器を移植して、

臓器としての形や機能性は同じなのに、うまく生命を保てないのは、

そこに「気」が流れてないからです。




「気」とはまた

精神と物質の橋渡し

見える世界と見えない世界をつなぐものです。



そういった意味で「気功」…気の訓練は、

右脳・左脳などの脳機能のシフトチェンジ含め、

物事に当たるバランス良い心身を養うのには

とても有効な手だてです。




いわゆる五行とは、

東アジアの時空間において、マッチして機能する宇宙法則です。




天には風・寒・熱・暑・湿・燥

という六種の「気」の変化があり、


地には木・火・土・金・水

という五行の循環があります。

五行



五行とは、物質の運動機能を指す

五つのシステムのことです。



この五大システムは相生(そうせい)と相克(そうこく)の原理にそって循環と往復を繰り返しています。


相生とは互いに促進する方向の物質運動のことです。



火は土を生み、土は金(鉱物資源など)を生み、

金は水を生み、水は木を生み、

木は火を生む。

これが互いに生かし合う

相生関係のサイクルです。



また相克とは、互いに制約する方向の物質運動です。


何事もやりすぎがんばりすぎはよろしくない。

ちょいちょいと肩を叩いて、

相手を気づかって送るサインのようなものですね。


水は火を克し、火は金を克し(溶鉱炉のごとく)、

金は木を克し、

木は土を克し(根を張って土砂を抑える)、

土は水を克す。




自然界とその生命運動は、

各システムが互いに促進したり制約したりすることによって、

その動態バランスが保たれています。


この世界に手つかずの「自由」などはあり得ません。

先日、ファミレスで野放図に子どもを店内で好きに駆け回らせ、

撫で回すような声で子どもの機嫌を取る若い親御さんを見かけましたが、

観ていると総じてほとんどのテーブルがそんな状態で、

ここはアミューズメントパークか?といった

とても不安定な空間状態。




空気を読む・察するなど、

分別もまた「気読み」のセンスです。




教育法云々を説く前に、

親は大人はそういった分別…

社会においての関係性を読み取るスキル、

コミュニケーション能力の獲得を、子どもに対して手伝ってあげるのがつとめです。


そしてそれはそんなに難しいことではありません。


親や大人の状態、

そのまとっている「気」の状態、

波動の状態を、

子どもたちはダイレクトに観て感じとっています。


親や大人は、

自身の こころ と からだ をしっかりとりまとめるようつとめ、

安定するようつとめていれば良いだけの話しです。



私は静かにパフェが食べたかった。

お願いしますよ、このやろうです(笑)


今回はそんな相互促進・制約の

「五行」のお話しでありました。


スポンサーサイト

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ