プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

ほとんどの方は白鳥を観たら、
水面上を優雅に泳ぐ姿しか
 
その目には入りません。
 
 
水面下で足を動かして
水をかいている姿を
 
あまり想像はしません。
 

白鳥は水をかいてる姿も
優雅かも知れませんが(笑)
 

 
私は小さいころアトピーだったり、
親の離婚のショックから
10歳で用足すたびに大事なところに激痛が走り、
トイレに通うことが
とても恐怖であった尿道炎となり、
 
また30代の頃はちょうど秋を迎える今時分の
呼吸器の季節に、
成人喘息の発作に悩んだ過去がありました。
 

小学生でも切実だったのでしょう。
副腎皮質ホルモンに関した本も
手に取って読んでおりました。
 

 
医師・看護師に手足を抑えられて、
立派な大人でも泣くほどの激痛だったことを覚えてます。
大事なところに直接治療を受けた尿道炎以外は、
 
 
アトピーや喘息に関しては
ほとんど特別な措置をしないまま、
 
心のブロックが取れるにつれ、
次第に体力が回復した過去を持ちます。
 

 
 
身体に関しては、
 
これをしたから即座にこうなったという、
劇的な体験を私は持ちあわせておりません。
 
 
武術やヨーガや整体を好んで
取り組んではおりましたが、
 
それらはどちらかというと、
 
 
身体の俯瞰目線と言いましょうか、
 
 
 
時間を掛けて、
 
全体性のバランス☯を調整する取り組みと言えます。
 
 
 
整体手技には直接的に
痛みを緩和する行いかたもありますが、
そういったアプローチも、
全体性のバランスを観ての施術となります。
 

病気(気が病む)やケガは、
その現象面の裏で多くのサインを発しておりますから、
そこをどう汲み取って、
付き合って参るかと捉えます。
 

 
私は30年以上かけて、
今の こころ と からだの状態と成りました。
 

 
人は生命本来の身体の力を取り戻すと、
 
人それぞれではありましょうが、
たとえば背が高すぎるように感じるなどの
 
コンプレックスがあったとしましょう。
 

 
内から溢れる身体の力を取り戻すと、
 
それらコンプレックスに対して、
 
 
 
あきらめるでもなく
 
開き直るでもなく、
 

 
自身に与えられた資質を
 
いつの間にか全肯定できてしまうほどの
 
たくましさを
身につけて参るものです。



不動滝⑤


『 不動滝 』
https://www.youtube.com/watch?v=bqPQON2W2Fk


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ