プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

以前、南信州・駒ケ根における地域コミュニティと、
その活性化における取り組みの一環として、
 
「気の測定」というものに関わらせていただいたことがあります。
 

 
これはたとえば神社仏閣や、
人がリラックスしやすい自然景勝地において、
専用器材を持ち込み、
 
指尖脈波(しせんみゃくは)という計り方で、
 
被験者の指先の爪通しで赤外線を照射し、
血管年齢など、
本人の現在のバイオリズムの変化を確認しようという
大変、意欲的な取り組みでした。
 

10639683_339434436222417_6552021953681455159_n.jpg


 
「気の測定」というよりも、
 
それに連なる心の動きを伴った
バイタルチェックといった感じです。

 
私の実際的な興味は
それと分かりやすい血管年齢よりも、
 
リアプノフ指数と呼ばれる
絶え間なく変わる波形パターンとその数値でした。

 

命のゆらぎ…うねりともとれる

この数値の最大幅の有りようが、

そのままその方の生きる勢い・バイタリティー…

「生命力」につながるものだと感じたからです。

 

 
この世は不変ではなく、
常に固定・絶対化した状態は幻想にしか過ぎません。
 

そのなかで主体的・積極的に
何を持って自分の最大幅として、
 
この世界に真摯に向き合って働きかけていけるのか、
 
 
それが人生だと とらえる者ですが、
 

 
まるで命のゆりかごのような、
 
わたしたちは常にゆらぎのなかで

遺伝子など先人から受け継いだ系譜とも言える
その身を保てているものです。

 

そして ゆらぎながらも

バランス良く まとまっている状態が、

 
肉体と精神合わせて健全な

物質とエネルギーの状態です。

 

この物質とエネルギーの

仲を取り持つのが、

 
「氣」の働きです。

 
 
生命力を引き上げるために

この「氣」とそれを留める肉体の力を練る…

 

私は良く、

筋骨格とそのなかに座る「気」の関係性において、
 
 
ゆるみ と しまりの関係をレッスンで説きますが、

 
この ゆらぎ と まとまりの

いいあんばいをとっていく…

 
これが自然と呼ばれる「在りかた」です。

 

ゆらぐだけで まとまりがなければ

エネルギーは拡散し、

 
肉体・精神の秩序をうしない、

死へ向かうこと…

「氣」が枯れること…
 

神道(しんとう)では「穢れ けがれ・氣枯れ」
とも表現しますが、

 
このことをこういった科学の世界では、

エントロピーの増大と表現しているようです。

 

いわゆるパワースポットに出向いて、

よりリラックスして、

血管拡張効果や、

内臓機能の回復にも影響する自律神経の機能向上など、

 
よりそれらパワースポットの「場」の力と

循環一体となるには、

 
積極的(主体的)休息ともいわれる
禅道・氣功などは

とても有効な手だてとなります。



1237199_209802172518978_609298552_o.jpg

 

 
「場」の力、

そこに留まる質量としての「氣」の力を
より繊細に感じられるような状態となるには、

 
意識と無意識のトンネルを開通させる

脳の変性意識状態…

禅道・氣功ではこれを「入静状態」と呼びますが、

 
眠りと覚醒のまんなかをいく状態…
 
その脳内の「状態」を伴いながらの
 
 
動かされるのではなく、
 
「主体的な運動実現を可能にした状態」

 
これは私のレッスンを受けられた方は
良く体験されていると思います。

 
“ぼーっとした状態なのに

レッスンが終わったあと、

なんだかわからないけど

からだの充実は感じる…”

 
こういった状態のときに、

つまっていたところが流れていくような

健康上の回復力なども向上していくものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・


☯禅の境地と、

主に身体を支える抗重力筋と、
緊張しづらい伸筋の作用を動員した
 
全体性の陰陽運動バランスの実現を合わせて成し得たこと・・

このことがこれからの時代においても画期的なことです。
 

『 站樁 たんとう 基本三式 』
https://www.youtube.com/watch?v=ZB-rNj_IKjs
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 

写真一枚目は自身の波形パターンですが、

下より上の波形の

胚芽米のような形(笑)のまんなかに、

北斎の浮世絵のような

まるで波のようなうねりが出ている…

 
こうした うねりは多くの被験参加者にも見られた

測定結果でありました。



1277889_209802399185622_1651669657_o.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おすすめの書です。

心の免疫力を高める「ゆらぎ」の心理学

雄山真弓 詳伝社新書


ゆらぎ



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ