プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

昨日は、わたしたちの住む土地気質に流れている、
二十四通りの季節の節目、
 
二十四節気の「白露 はくろ」を迎えましたね。
 

そして本日は「重陽の節句 ちょうようのせっく」となります。
 

「白露」は代表的な秋の節気、
 
自然の「気の動き」が移り変わる時節です。
 
大気中の水分が夜になって冷え、
樹々や、草花の上に凝結して白い露となることから、
 
「白露 はくろ」と呼ばれるようになりました。
 

二十四節気におけるそれぞれの名称は、
すべてわたしたち先人の
深い自然観察から出た言葉ばかりです。
 

 
 
☯こころのやすめかた

 
こころのスキルを上げるには メンテナンス

やすみかたをしっかり身につけないと
うまくありません

 
休む能力というものがあり

日本にはまた四季がありますから、
季節に応じた やすみかたをしっかり心得ていないと

本来、わたしたちが持っている能力も 
状況・状態に伴う変化というものについていけなくなり、
持ち前の能力そのものが低下していく一方と成ります。
 

 
秋は「肺・呼吸器」の季節だと 
 
なんどか記事にも書いたことがあります。
 

ここ数日は秋雨が降り続いておりますが、
秋が深まってくると、
それに伴って「秋の乾燥」状態が訪れます。
 
わたしたちは外気を取りこんで呼吸をしている以上、
胸の中のケアが大切となって参ります。

 
そして心理…
こころの動きに影響が出やすいのは「愁い・悲しみ」です。
 

季節は巡り 
 
そして自然界の「気の運動」もまた巡ります。

1日のなかでも巡ります。

  「 昇 降 開 合 しょう こう かい ごう 」

「開」…今までの広がりゆく夏から 

「降」…木の実や葉が落ちゆくように

 
人のこころも物事も収斂 しゅうれん、
まとまりゆく秋へと向かいます。

 
そして物事が結実し、力を蓄え

「合」…春待つ冬へと 季節は巡るのです。

 

 
☯「肺」…呼吸器に宿る こころ というものがあります

 
息をこらえているとき、

わたしたちは「悲しい」とか「苦しい」とか

「言いたいことが言えない」とか「もう、我慢もここまで」とか、

これらさまざまな感情を抱えているときです。

 
つらさに耐えているとき、

息をこらえて 胸がいたいとき

 
そっとそのいたんだ胸をゆるめたいものです。

 
わーっと大声で泣いてみたり 叫んでみたり、

咳が続いたりするのも、

いたんでいる胸をゆるめたいがゆえの 
 
人の身体の自然な働き、その現れです。
 

 
☯普段から出来る
蒸しタオルによる胸のケアをご紹介します。
 
タオルを水で絞ってレンジでチンしても構いません。
 
 
鎖骨・蒸しタオル④



そうそう、
世の中には電子レンジに神経質になる声もありますが、
 
「気」というのはプラスの原子核の周りを、
 
マイナスの電子運動で成り立っているのが
 
いわゆる「気」の働きというものです。
 

その「気」の働きの集合体が
 
わたしたちの身体であり、
 
この世界のすべての物質の成り立ちです。
 

 
科学的知識なんてなくとも、
 
二十四節気の洞察ふくめて
 
わたしたちの先祖は真に賢いので、
 

たとえば神道(しんとう)においては、
 
「穢れ・気枯れ けがれ」と表現して、
 
「気」が枯れると
 
あまねく万物「死」に至ると
 
深く洞察したわけです。
 

丸山千枚田


 
自然や私たちの身体の内と外は、
 
電「気」もあれば、磁「気」もあり、
 
 
両方そろって「電磁気」で
私たちの身体は動けてるわけです。
 

電磁波云々のせいにする前に、
 
飲食にしても、
なに食べようが なに飲もうが、
 
 
そんなもん ものともせぬぐらいの
 
 
身体の力・精神力、
 
人間としての「気概 きがい」というものを
 
生ききって 時間を掛けて
 
しっかりと養うことです。
 

 
大体が誰か他の人や、世のあらゆる何かのせいにして
 
そんな性根で現状を対象化している限り、
 
物事そのものが快方に向かうはずがない。
 

 
脱線じゃぁないですが、
 
脱線したので話しを蒸しタオルに戻します(笑)
 

 
☯湿熱…蒸しタオルを鎖骨のくぼみにあてるのも
 
胸のケアに効果的です。
 

鎖骨・蒸しタオル



当面的なリラクゼーションですが、
目に蒸しタオルをあてるのも 
 
眼底の力がゆるんで、つかれ目に良いものですよ。

 

鎖骨は呼吸器の働きに影響あるところです。

よくあたためて ゆるめましょう。

 
気持ちを落ち着けたいときにも 
 
あなたに あたたかみをもたらしてくれます。

 

息が整うと 気持ちが楽になり

胸は堂々と広がって 腰ものび

 
そのようにからだが調ってくると

そこではじめて 人は自然な笑顔がこぼれるものです。

 

生きていくなかで

どうしても耐え忍ばなくてはならないときがあります。

 
そうした時期を人生のプロセスにおいて
 
人はかならず味わうときがあります。
 
 
また人は悲しみ味わうからこそ、
他の人に優しくもできるのです。

 
セルフケアで、
からだが胸あかるく 元気な状態を取り戻しましょう。

 

いい大人になっても わがままで忍耐力のない方は

呼吸も浅く 短く 

こらえ性がなく 激しやすく

呼吸器そのものが観ていると未熟です。

 
大波 小波

胸を丈夫にして

これから深まりゆく秋を迎えて参りたいものです。


鎖骨・蒸しタオル③



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ