プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
12003178_504986139667245_3796871461444496617_n.jpg


 
山も静かに息吐き出して…

 
天と地のはざまにて

みなさま、

いかがお過ごしでしょうか。

 
 
呼吸法、

世にいろいろとありますが、

まずは口をすぼめて

空気圧のポンプのように息を吐き出しましょう。

 
おへその少し奥を せなかに くっつける感じで。

 
 
吸うときは

息を吐ききったぶん

自然に空気が入ってくる感じで。

 
胸やわらかく
 
からだが上下前後左右に広大無辺に広がっていく感じです。

 

 
常に緊張とリラックスのバランスを心がけましょう。
 
直接的なショックからの感情の乱れから、
筋肉がこわばって緊張したときも
 
刺激的な映像など、
何かの媒体から発する
緊張するものを見たときも。
 
 
 
とにかく息をつまらせないことです。

 
そのためには

まずは息を吐ききりましょう。

自分のなかの

不要なものすべて吐き出す感じで。
 

 
・お腹を意識して深呼吸します
(慣れないうちはお腹に手を当てて、
横隔膜が動いているのを確認します)


11986508_504986163000576_7433894805946074311_n.jpg


 
・口をすぼめて息を吐く→鼻で息を吸う

 
・肛門をしめながら、息を吐く

 
・息を吸う時は、肩を上げ、吐く時は肩を下げる
 
 
・息を吐くのはゆっくりと時間をかけて。
 
だいたい吸う時間の倍かけてみましょう。

 
 
天地人、

みなさま、良き日々となりますことを。



12009780_504986149667244_5531032740253813100_n.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

呼吸にともなって、わたしたちの胸郭(きょうかく)と言われる
肺を護ってくれている骨の動きと、
 
〝横隔膜〟の動きが、
訓練の「内観・・観察と集中」の上で、良く分かりやすい動画です。

「深呼吸時の横隔膜と肋骨の動き」
https://www.youtube.com/watch?v=V9eGCLp2wfs


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ