FC2ブログ

『 神経をやすめる 』

鎖骨・蒸しタオル③



神経をやすめることとは、

つかいすぎのあたまをやすめることと
同じでもあります。
 
あまりに情報を追いすぎて、
あたまつかいすぎではありませんか?
 

あたまをやすめ 首の緊張をゆるめる。

 
「心配」や「不安」という

こころの動きは、

あたまがつかれすぎのときにも

とらわれやすくなる感情です。

 
 
物もの 事こと に対して

「一生懸命」な方ほど、

比例して問題を大きく広げて

悩みきってしまうものです。

 
どんな状態であれ、
 
究極的には

ただ有りようを受け入れていくしかないのですが、

 
受け入れるには相応のキャパや

それを支える

こころ と からだ の強さとケアが

必要だったりします。

 

非常時ほど、

こころの動きにたいして元気なときに、

普段から何かしらの準備をしておくことは

立ち直りを早める手だてにもなります。

 
 
神経不安をやわらげるケアとして、

以前、記事にも上げました、

あたまをゆっくり丁寧に

スローモーションのようにまわして

大あくびも加えて、鼻水や涙が出るほど
ゆるめることをおすすめします。

 
首をまわしながら あごもゆるめて

徐々に 徐々に

口を大きく開いていきます。
 
そうすると自然と大あくびになって参ります。

 
給湯器のお湯であたためてもいいですが、

目に蒸しタオルをあてることもおすすめいたします。

 
さらにゆっくり丁寧に

あたまの重さにまかせて首をまわします。


☯『 深い眠り と 大あくび 』
https://www.youtube.com/watch?v=O0dcEFEdHZQ


整体セルフケア⑧

 


人の気持ちも 天気も

同じように変わっていくものです。

毎日が晴れではないし

また雨でもありません。

できうることをためしてみる。

 
こうした神経系を

あたまをやすめ ととのえることで、

 
「気持ち」も落ち着き、

視界がクリアになり、
 
冷静な選択ができ、

明るい展望もまた見えるやもしれません。



1292900_210649165767612_420063707_o.jpg



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント