プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

陽から陰へ 陰から陽へ
 
陽のなかに陰あり 陰のなかに陽あり


いんよう図⑨


 
☯大自然の「気」の運動法則。

秋の「気」の動き・収斂(しゅうれん)・・
 
「降 こう」から、

冬の「気」の運動作用・・「合 ごう」について。 

 
なにかとなにかが出会い合わさるとき、
そこに収縮・膨張が生じ、
新しく何かが産み出される。

   
「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」


「気」には四大運動というものがあります。

 
実際的な「気功・気を練るの意」とは、
この理(ことわり)…
宇宙の運動法則を動作上、体現するものです。


☯即興 「 天地 あめつちの舞い 」 静中の動・動中の静
https://www.youtube.com/watch?v=zqM6tH5xCHE


 
 
まず「無極」から、
 
何もない空間に生じた一点の闇
 
「太極」が生じ、
 
 
さらに「陰陽」が生まれ、
 
 
そして互いにバランスを取り合う
動的作用を通して、
 
立体的なこの世界「☯陰陽太極」が生まれるプロセス。

 
本来、太極拳もこの宇宙哲学から生まれました。

 

狭義においては、
 
「陰」とは物質性が強い状態を指し、

「陽」とはエネルギー性の高い状態を指します。


☯「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」


実は一年も一日も、
この「気」のサイクルのなかで私たちは生かされてます。

 
 
☯地球から離れることを上昇 ⇧

☯地球に戻ることを下降 ⇩

 
☯夏に陽極まる「開 かい」は、⇔
 
「気」が満ち、身体のなかの内圧も高まって、
宇宙に広がっていくような状態・開放感(喜び)
宇宙との一体感を得やすい状態。

 
☯冬に陰極まる「合」は、⇨⇦
 
すその広がり、世界に広まったものが合わさり(統合)、
そしてまた結実するとき、機をうかがうとき。

 
時期・タイミングとは、
いずれもこの「気」の流れのなかの要所要所を指します。

 
同一率でもあり、相似率でもあり、
イメージの倫理学でもあり、

運動法則上この場合は、

同一かどうかよりも似ているかが問題であり、

それだからとて よくある価値観のズレや違いを、
当面きって嘆き、悲しむことはありません。

それは新しきものを産み出す、喜ぶべき兆しなのだから。

 
 
合わさりのち「一 いつ」に還っていく。

人それを「合一 ごういつ」といいます。

 
 
 
☯一年一日

「昇り」…春・朝・怒り

「開き(広がり)」…夏・昼・喜び(発散)

「降ちゆく」…秋・夕暮れ・愁い(うれい)

「合わさる」…冬・夜・恐れ(萎縮)

 
 
ちなみに、この「気」の四大運動のあいだに、

実は「定 てい」を加えて五大運動と成ります。

 

☯「定 てい」…ピタッと動かない。

はた目からは、まるで動いていないように観える。

 
それは高速回転するコマが遠目に見ると、
あたかも静止しているように観える状態に似ます。

わたしたちが普通に足元に置いている大地、
なにもなければ動いていないように感じる
この地球は、
24時間で一回転する、巨大なコマです。

 
 
翻弄されにくい、
たとい翻弄されても回復目覚ましい、
 
動きゆれるなかでも軸を取り、
バランスを取るコマのごとく(動態バランス)、
 
こころとからだの安定した状態を目指すこと。



高速回転のコマ


 
 
☯「昇・降・開・合」の流れのなかでの「定」

 
それは動きの中でふと立ち止まる大切さであり、

静かなるものの極みであり、

「静」の極みが、
 
次に生まれる真の「動」…宇宙を産み出していく。

 
なぜ自らの意識で今ある状態を引っぱりあげる
「内観ボデイーワーク」に取り組むのかは、

このことに尽きるのです。



朝陽のなかで自由に



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ