プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
「 調理脾胃須単挙 ちょうり ひ い す たんきょ 」
 
消化器を整えるため 片腕ずつあげていく
 


12027556_509315932567599_5006498548668016187_n.jpg

 

 
タイトルは
「内功八段錦 ないこうはちだんきん」においての
第三の型の名前ですが、
 

 
☯『 内功八段錦・第三勢 Neigong Baduanjin 』
https://www.youtube.com/watch?v=GEupu91WDJQ
 

 
斜め上に押し上げる手と(托天動作
(たくてんどうさ。天を持ち上げるの意)
 
斜め下に押し下げる手の
(按 あん。ここでは大地を抑えるの意)
 
両の手の対応・拮抗関係が
この型のポイントです。
 

 
その際、両腕は
ゆるやかに丸く張っており(撑 とう の力)、
 
両腕で太極マークの中心を走る☯、
S の字を描くようになる。
 
 
 
このとき上下・左右だけでなく、
前後にも矛盾の力・「争力」が働くように
両手の位置を調整し、
 
 
この際、腰が反りかえらずに、
「命門・ヘソの真うらにあるツボ」と
両腎のあいだが上下に広がっていくようにします。

 
これによって
足裏までスムーズなエネルギーの流れが通り、
 
更に全身が球のようなエネルギーの広がりを体現し、
外と内に自由に呼吸できるバリヤのような
空間認識の感覚も得るようになります。
 

 
これはグラウンディングとセンタリング・・
 
地球の中心核まで意識が届くような、
地に足を着ける「根気 こんき」と、
 
天空を貫く中心感覚を、
 
実際的に同時に養う、
 
「静と動」がブレンドした生命運動です。
 


内気③



またこの型を取ることで身体の中心、
その奥底にある太陽神経叢(たいようしんけいそう)の
柔らかく温かな広がりと充実が、
全身に満ちるように計算された型でもあります。
 
第二の脳とも言われる太陽神経叢は、
自律神経の安定とも関係深いところです。
 

 
経絡(けいらく)としてみると(古代中国では「気・血・水」、
現代的な捉えかたでは代謝物質の通り道)、
 
両手とも第二指・人差し指の辺りがポイントとなります。
 
 
手の陽明大腸経(ようめいだいちょうけい)の通りが良くなっていき、
 
その結果、自動的に足の陽明胃経(ようめい いけい)が
スムーズに通っていくという理解ができるものです。
 

これは肺の健康とも関係ある型となります。
 


手の陽明大腸経③


 

「内功八段錦 ないこうはちだんきん」は、
 
鍼灸(しんきゅう)における経絡をも刺激する、
 
 
経絡スイッチの漢方運動ともなり、
 
 
それを外部よりの刺激だけではなく、
 
自発的に本人の身体のなかから起動できる
 
生命運動だというところに
 
その特色と醍醐味があるところです。
 


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ