プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介

天と地のはざまにて

 
日々、秋が深まって参りますが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 
 
わたしたちの胸のなかに座している心臓と肺ですが、
 
呼吸する上で密接なつながりをもっています。

 
心臓がドキドキするときは、肺もよく動いてます。


11986508_504986163000576_7433894805946074311_n.jpg


 
これから人前で話すのに
顔がカッカして上がってしまってるときや、
 
なにか心理的肉体的にショックを受けて、
からだが緊張を感じたときなど、
 
心臓が高鳴って落ち着かないときは、

 
口をややすぼめて、
 
息をふーっと、
 
やや斜め下方に吐きながら、

 
合わせて
手のひらで胸をなでおろすようにします。

 
000023714192.jpg



ちょっとした練習になりますが
続けて参ります。

 
…まず、ご自分のかたはばで立ってみます。

これはあくまでイメージでですよ(笑)

 
実際に身体を支えているのは
骨を包んでいる筋肉ではありますが、
 
ご自分が「骨」だけの存在になったような感覚で
立ってみます。

 
特に上体なら肩・・ひじ・・手首と
各関節を感じながら立ってみます。


内気


 
下半身なら股関節…ひざ…足首…と、

ぽっ、ぽっ、ぽっと、まるで各関節に淡い光が灯るように

ふっ、ふっ、ふっ、と力をぬいていきます。

 
このとき足の親指の付け根あたりを中心に
支えるように立ち、
 
両ひざの内側が向かい合うような感じで、
ちょっと内股を気持ちしめあげ、
 
肛門もかるく身体の中を向かうような感じで、
軽くきゅっとしめあげます。
 

こうすることで、
ただ脱力系のゆるみのなかに
 
一定の 身体のしまりが生じます。

 

腕…「骨」に皮がぶらさがっているだけだとイメージします。

手のひらを下に向けながら、
 
このとき肘の先は外側でなく、
やや下の方に向くのがポイントです。
 
 
細かな要求ではありますが、
 
このちょっとした肘先の方向が、
気血の上がり下がりに影響するところになります。

 
 
上の要点を押さえながら、
 
ゆっ・・くりと腕を持ちあげ、

ゆっくりと腰を沈めながら、
 
どうじに静かに腕をおろします。

 
太極拳では「起式 きしき」とも呼ばれる動作です。

 
余計な力を抜くと、
ご自分の腕ってけっこう重いものですよ。


CAJWTJIW.jpg

 
 
少しだけ、そして柔らかく集中しながら・・・
眉間にシワよせるようなカタい集中力は、
こういった質の練習ではいりません。
 
ほら、口かどを軽くひいて、
面白いもので顔の緊張が抜けて参りますよ。

 
 
三回ほど静かに気持ちを集中して、
 
この腕の上げ下げと、
身体の沈み込みの動作を繰り返すと、

上がり気味な、
顔をカッカさせるような気血も下がり、
 
浅くなっていた呼吸も
いずれ落ち着いてくるものです。

 
血圧が気になる方にも、ふだんからおすすめいたします。

 
 
それから、ご自分なりに「肺」の辺りを感じてみて、

ご自分で どこか胸の気になるところに
 
まず両手のひらをあっついというくらいこすり合わせて、
 
腕を前後に振り、
 
両手のひらを重ねて「手当て」をします。

 
 
温かな手を当てていくなかで安心感が高まりましたら、

ゆっくりと胸をなでおろすようにして手を離して参ります。

 

 
呼吸のはばは 命のはば

 
 
肩があがって緊張しっぱなしも、

ゆるみっぱなしで腰に力が入らないのも、

 
呼吸のはばがせまくなっています。

 
 
「ゆるみとしまりのバランス」が大切です。

 

少し〝意識して〟上記のようなケアや動作を習慣化することで

ご自分のバランスがととのい、

持ち前の能力のはばがひろがって参ります。

 
 
喜びも 悲しみもいくとしつき

感情の動きに影響するは、

心臓は喜び、肺は悲しみ。

季節に相当するは、夏と秋。

 
 
大自然「外気・Real Energy」 の、
 
そしてわたしたちのなかに流れる
 
「内気・Vital Energy」の動きも、

 
「気」の運動的には、
 
秋は夏の開放的なひろがりから、
下降・収斂(しゅうれん)へと向かう季節です。

 
しっかりケアして参りましょう。

 
 
天地人

みなさま、良き秋の日々となりますことを。



11720697_832534113508919_170550537_n.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ