FC2ブログ

『 字訣 という 秘訣 』


中国武術や気功の世界には、
 
「字訣 じけつ」というものがあり、
 
慣れ親しんで参りますと、
その文字を想起しただけで、
 
身体感覚が呼び起こされる
からだ言葉が豊富に ございます。
 
 

 
☯「収腹松腰 しゅうふくしょうよう」
 

腹を収め 腰が ゆるむ
 

正しい姿勢
 
 

たとえば天地上下にアクセスする作業、
 
「站樁 たんとう」と呼ばれる
 
立ちかたのとき、
 
 
反り腰に気をつけて、
 
 
尾骨の先を巻き入れ、
 
骨盤を立てるようにし、
 
会陰(えいん。肛門と性器の間のツボ)が
引きあがると、
 

仙骨操作③


 
腹が収まり、腰の緊張がゆるむ
 
 
 
「字訣(じけつ)」という秘訣となります。
 

 
これは日常の力仕事、
 
「腰を入れて」作業する場合にも、
 
腰を守り 強くする
 
身体つかいとなります。 



仙骨操作②   仙骨操作


この私でさえ、腰が反りかえってると、
ぼへ~っと情けない顔になります(笑)

ずーっと腰を入れてる状態もまた不自然ですから、
骨盤のスムーズな動きと、
女性は特に社交の場での使い分けが出来ると、
健康上、良いと思います。



☯天地上下とコネクト・繋がる。

『 平肩 垂撑勢 へいけん すいとうせい 』
https://www.youtube.com/watch?v=csG88MQJZ04


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント