プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

新潟の酒じゃぁ ないですよ。

日本酒、旨いですがね(笑)
 

酒ねこ①


 
元々は「老子」の言葉です。

 
 
「 上善は水のごとし

水は善く万物を利して争わず

衆人(しゅうじん)の悪(にく)む所に処(お)る

故に道に近し 」

老子、第八章

 
 
要約:

最上の善とは 水のようである。

その喉の渇きを潤すように 
 
すべてのものに水は利益をもたらすが

誰とも争いはしない

 
水はいつも下方 下方へと流れて

皆が嫌がる最も低い位置にあり

ありとあらゆる汚れ(気枯れ けがれ)を受け入れて

これを浄化する

そのため「道」に最も近い存在と成る

 

……とはいえね、老子のじいちゃん(^_^;)

人生いろいろ

「お願いしますよ、このやらう(笑)」となることもあるでしょうよ。

あんただって図書館の司書みたいな仕事してるなかで、
いろいろあったはずだ。
 
あっ、ひげさすりながら遠くを観る目はやめてくださいね(笑)


11401297_466183540214172_7256907413666540734_n.jpg

 
 
まぁ、説かれている言葉の響きを

心にとどめる とどめない

これはとても大きなことです(意識化をはかる)

 
 
 
〝水は下方へ 下方へ〟
 
いわゆるポジティブ上昇志向…上へと上へと向かうこととは
逆バージョンなとらえかたですね(笑)
 

 
またエネルギーは高いところから低いところへ
伝達していく質をも持っています。
 

だから何かを価値提供なり、伝え残す場合は、
 
その内容と質にもよりますが、
 
自分の心身の「状態」を常に高めておかないとなりません。
 
 
仲良しこよしの横並びでは、水はうまく流れない。
 

自然観察でもわかることですが、
 
この辺りを上から目線であるとか、
本質をしっかり捉えられていない方が多い。

 

 

流体から固形まで

水はその形と質を変えていく。

とらはれを抜けて

「自由」になるということです。

 

北川遡行




また私たちの体内臓器ですが、

中医学では腎臓を中心とした経絡(気のネットワーク)

「腎の気」という表現をしますが、

 
わたしたちの体内の水分調整もしています。

 
うまく調子を調えないでいると

体内の水質上において、
冷えやむくみに影響するはこのためです。

 
また「腎」は骨密度・・・
 
身体のなかで最も堅いとされる骨の生育も司っています。
 

 
「腎」の健康状態は、
 
怖れや不安といった心理にも影響するところです。
 
特にこれからの季節、
 
腰を冷やさぬように気をつけて参りましょう。

 

推腎愈②


 

水は柔らかいものから、

岩をも穿つ堅いものにまで、

その性質を変えていく。

 

中国拳法では打撃のインパクトのときの波紋効果として、

人体を水のつまった皮袋にもたとえます。
 

☯『 打ち気 』
https://www.youtube.com/watch?v=a7Me_nEzRyQ

 

 
体組成の多くを担う水分。

小宇宙と大宇宙。

 
大自然とわたしたちは

常に深い結びつきを持っています。

 
腰をよくさすって温めたり、

足湯などにゆっくり浸かって、

「腎」のケアをして参りましょう。

 
大自然と仲良くなるために。



11703125_482251198607406_4065823569749146838_n.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ