プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介

東洋医学では、
私たちの体内を走る「内気 Vital energy」の流れ、
 
 
「肝・心・脾・肺・腎」の五臓、
 

たとえば「腎 じん」と一言で表した場合、
 
臓器の腎臓だけに留まらずに、
 
腎臓を中心とした「内気 ないき」の
ネットワークそのものを指します。 

 
五行説


 
☯「腎の気」 膀胱・泌尿器系の心
 

反発や反抗心は、

おしっこをがまんしているときに似ます。

 
「わたしはホントはこんなんじゃぁない、
ちっくしょーっい」
 
「負けてたまるか、こんちくしょーっ」

などなどの心の叫び。

 

天と地のはざまにて

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

五臓の健康状態と心理は
つながり深い面があります。
 

おしっこがまん…
 
たとえば反発心などは
泌尿器系に宿る こころもちです。

 

何事もバランスに注意ですが、
 
世にアンチとして強く訴えすぎる方は、

がまんづよさなきゆえともいえます。

 
腎臓


 
以下は腎臓・膀胱系のシンプルなケアですが、
 

腰を単純に百回くらいさすって

じゅうぶんにあたためた手を良く腰に当てて、

しばらく ほけ~っ とします。

 
普段から腰を冷やさぬように
気をつけて参りましょう。
 

推腎愈②


 
前回の「上善は水のごとし」でも触れましたが、
 
「腎」の健康は心の動き、
 
特に怖れや不安を抱く感情とも密接です。

 

寝る前に足のうらを良くさするのも

これからの季節にいいですよ。

 
 
パートナーどうしで
良く背中も「さすりあいっこ」してください。

一つ屋根の下で、

何年も口きかないでいるとかならないためにも(笑)

そういうのも「冷え」が呼ぶ悲劇です。

みなさん、いやでしょう?そんな悲劇は(笑)
 

心が冷えていたら、
 
理屈抜きに身体を温めるんです。

 
11913877_495645323934660_6258435985137061434_n.jpg



 
腎臓が弱ると、

足腰のふんばりが効かないものです。

 

むかしから「肝腎かなめの」といった、
 
人の洞察にも優れた からだことばがございますが、

 
これは肝臓と腎臓の重要性を説いた、

頭の知識でなく、
 
わたしたち先人の絶え間のない体感の蓄積、
 
その知恵からでた言葉です。

 

 
東洋医学では特に腎臓は五大臓器のなかで

大切に目されているところです。

 
父母より受け継いだ「先天の精 せい」…
 
「命の貯金」が入っている場所です。

 
無駄に浪費せずに、

しっかりと背中側をほぐして
ねぎらって参りましょう。

 
 
 
足元が冷えるとおしっこにいきたくなるものです。

腎臓の「元気」のために足湯もおすすめします。

 
全身浴もいいですが、

部分浴であたためるのも
けっこう効果があるものです。

 
 
むかしドリフの舞台コントでも良く使われましたが(笑)、
 
家に大きなタライのあるところは
現在は少ないでしょうから、

浴槽にいつもの入浴温度より

くるぶしの上のラインあたりまで

少し熱めの湯を張ります。

 
服を着たままでいいですから、
足元をめくってバスタブに腰をかけて

ときどき差し湯をしながら温度を上げていきます。

 
足湯は、骨盤や生殖器の機能を
ととのえるためにもおすすめします。

 
月の大事な日のケアのためにも

骨盤のスムーズな動きは、

子宮・膀胱の安定にもつながります。

 
男性も隠れ冷え性が多いですから、

男女問わず、足湯はおすすめします。

 

この冬にかけて

しっかりと浸かったあとは、
気に入りのハーブティーでも飲んで♪

 

 
腰の強さは 腎臓の強さ

「腎の気」の強さです。

 

腎臓がととのい 元気になると

少々の困難にはめげない

粘り強さが湧き起こってくるものです。

 
すぐに怒鳴ったり、 
 
余分に声を張り上げたりするときは、

その人のなかの弱い面をカバーしている
あらはれであり、

 
肚(はら)が据わらずに、腰が浮いているものです。

 

腰…「腎の気」をしっかり養えば

自分への信頼感も増し、

肩の力は抜けて、
 
余分な気張りもなくなるものです。



10639561_332071780292016_1335347259960287423_n.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ