プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

何かをやり続けていると、必ずマンネリ化して来て、
 
本人自身も成長しているのか、後退しているのか、
 
停滞感を覚えて、
 
自分でも良くわからない状態になることがあります。

 
 
 
私は教室や講座で、
たまにホワイトボードに書き示しながら、
 
実力のステップを、
 
階段のステップにたとえることがあります。



らせん階段②


 
停滞感を感じているときは、 

階段の踊り場に立っているようなものです。

 
 
しかしながら、今その立っている場所は、
 
振り返って見れば、既に一段目の場所じゃないですよね。

 
最初に登り始めた一段目ではないはずで、
 
踏み出し始めたそのときよりは、
 
確かに上の段に向かっているはずです。
 

 

特に、世に何かを価値提供されている方や、
 
人を指導する立場の方、
 
「味」をまったく楽しめない、
 
そんな時期もあります。
 

 
それでもそういった立場にある方は、
 
人前に立ち、やってみせなければならない。
 

ただそれが、たとえば生徒さんなら、
 
「見せる」のではなく、
 
「見せてもらっている」こと。


あぁ、こんな反応、とらえかたがあるのかと。

 

自分で体験できる範囲というものは限られています。
 
 
特に「本質」・・〝根っ子〟のところを
 
しっかりつかみきれていない時期には、
 
どうしても人は偏った体験に留まってしまいがちです。
 

 

私はレッスン後に必ず皆さんとお茶を飲みながら、
シェアする時間を設けますが、
 
上のような状態のときに
体験をシェアできる仲間というものは、
本当にありがたいものです。
 
たとえそれが指導者と生徒という関係であっても、
 
 
体験の共有 ー 共鳴 ー 共振は、十分に起こり得ます。
 

  
 
また純粋に何かを学び修める立場の方も、
 
いくら何かを続けていても、
実感を得られない場合があります。
 

 
私の経験上は、
 
本人に才能があろうとなかろうと、
 
一年間は絶え間なく続けていれば、
 
合う合わないというものは、
それなりに適性の目処が着いてきます。
 

 
私は身体に関することを
おかげさまで30年以上続けて来れましたが、
 

一年続いたなら、三年目が地盤が固まる、
 
成長・発展するための土台が出来ます。
 

その上で、五年、十年と、
 

どんどんと熟練度が上がっていくものです。
 

 
 
一年続けてみて、たとえそれが自分に合わなくとも、
 
その続けた本人の貴い集中力は、
 
かならず他の分野に手をつけたときに
無駄なく活きるはずです。
 

自分の人生を、
 
毎回インスタントな履歴に染めていては、
 
人さまからの「信用・信頼」を
築くことなどできません。
 

パートナーシップやコミュニケーションなどを
しっかり取れるはずがないのです。
 
 

 
自分に何が出来るのだろうかと、案じている暇よりも、
 

人生は出来る 出来ないではなく、
 

シンプルに やるか やらないかです。
 

 
そして何かを続けた人にしか見えて来ない、
 
続けて来たことで立ち現れる
 
ゲートオープンがあります。
 

人それを「希望」と言うのです。



らせん階段③



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ