プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:神さま
「神社に参拝するということ」



そこが神域だと感じ 歩み

敬意を抱き 神前にてただ頭をたれる

そのシンプルな行為



手前勝手な 自分の足元も見ない個人的願望など

神さまは聴いてくれぬ



人の理屈で 神意は働かぬ



寛容に 人の暮らしぶりを見つめ

人ひとりの内にある力・・・「神性」をただただ信じてくれています。



つながるためには意識づけ、心づけが大切です。



畏れながら頭をたれる神前にて

放物線を描いて 賽銭を投げいれる感性の衰えを猛省せねばなりません。


作法がどう、思想性がどう、宗教性がどうこう以前の、

人としての感性の問題です。



嘆かわしくも われわれが住まう土地の成り立ちというものを

いかに知らないでわれわれは過ごして来たか

これからは識らないといけません。



浮足立ち、

「物事の成り行きをジッと待てない弱さ」

これら不安や恐れが心の起こりである、

事をいたずらに急ぐような ナショナリズムに陥ってもなりません。




知識と知恵のバランス良い実践が大切です。




ただ観たいように観て 感じたいように感じるだけの感性だけのもので済まさず 

やはり最低限の知識の習得は必要なことです。

私もモノを知らなかったからこそ、神職養成機関で学んで参りました。




「神」とよばれる ある意識の存在。


われわれをただ淡々と、寛容にその暮らしぶりを見つめてくれています。


われわれがどんな状況を生き、


たとえ苦しく 孤独にさいなまれることがあっても、


そのあなたの孤独でさえ、


静かに見つめてくれています。




ただ頭をたれ 清浄な気持ちをリセットし

またそれぞれの暮らしぶりに帰っていく

神社とはそういった装置 それが私の見立て


神さまが喜ぶ生き方をしたいですね。

光りの波動


スポンサーサイト

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ