プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

私はボディーワークを、
 
人の心と体と魂のつながりにおいて、
 
次代の志しある方のために伝えているところがあります。
 

 
ですから万人向けではないかも知れませんし、
 
私の記事も万人向けではないかも知れません。
 

 
そういった自分の働きかけられる限界点を熟知した上で、
 
以下は単に映画紹介でなく、
 
 
なぜ普段から呼吸によるセルフコントロールとか、
 
男性性と女性性、
つまり陰陽のバランスを調える「站樁 たんとう」や、
 
それに連なる武術要素を有志に伝えているのかということに
つながるのですが、
 

 
 
映画「ローン・サバイバー」

https://www.youtube.com/watch?v=96f8MHkEX5g&feature=share

 
今時めずらしいほどのアメリカ万歳の内容であり、
政治的にはマズイ姿勢ですが、
 
アメリカが制作しているのだから、
たとえば最近の「アベンジャーズ」など、
すべてのハリウッド映画にツッコミを入れるのは
ナンセンスと捉えます(笑)
 
 
 
この映画は事実に基づいているらしいですが、
そこは作品演出としてのフィルターが
どうしても働くものです。
 
 
変に中立性に配慮せずに、勧善懲悪で、
どストレートな演出に徹しているのが、
本作の場合は映画演出として成功しています。
 
 
 
 
上のような映画的見立ての前振りはさておいて、
 

何を どこに捉えて学ぶか。
 

本作において観るべきはやはり、
極限状態における人間としての選択か。
 
 
 
究極的にはどのような政治思想背景があろうと、
 
誰が 何が正しい、間違っているではなく、
 

現場に立った人間は、
 
否応なく速やかに判断・決断を迫られるということ。
 

 
それは国が違っても、同じような状況下に立てば、
 
わたしたちは皆ひとしく同じように
 
判断・決断を迫られるのです。
 
 

私が いちばん共感したのは、
 
意見の相違があった決断のあと、
 
 
たとえそれがどのような「結果」になろうとも、
 

苦しい訓練を共に乗り越えた仲間を信じて、
 
主要な四人は全力で、生き残るための戦闘に臨み、
 
グチを一切、言わない心の強さです。

 
このことは人として、最大に学べる姿勢であります。



ローン・サバイバー②


ローン・サバイバー③



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ