FC2ブログ

『 肚 はらの力 』

『 肚 はらの力 』
 

はらたいらに5千点・・往年の、じゃない(笑)
 
 
長らくいろいろな方と出会って参りましたが、
 
依存傾向の強い方は、
 
人との関係性、物事における境界線を間違えやすいものです。
 

 
すっきりとしない、
成長・発展のない疲れる関係性を
延々と続けていき、

 
そして身体の内と外で、止まぬ問題に対して、
 
相手の境界線を侵していることに
まるで無自覚なままです。
 

 
依存が強いゆえに たやすく人や世の中のせいにし、
 
あまつさえ、自分から教えを頼みこんでおきながら、
 
自分より何十倍も努力をし、
知識と実践力を惜しみなく提供して来た先達の苦言をも、
 
子どもじみた反応で責めたりもするものです。
 

 
何かを修めるに当たっては、
 
かならずや「覚悟」と「決意」が必要です。
 

 
身体の洞察は 心の洞察、
 
そしてその奥底に眠る 「魂」の洞察です。
 

 
言い訳を繰り返す、人のせいにするなどの、
 
意志薄弱とした者は、
 
間違いなく体幹の力・「肚 はらの力」が弱いものです。
 
 

感覚が開いたとか、センシティブな感性が強いなら、
 
より足腰による根っこの力と、
 
大木の幹に相当する、身体の幹の力・・
 
「肚 はらの力」による統合が必要です。
 

そうでないと単純に頭に血を昇らせ、
 
わけのわからないおかしなことを言い出すわけです。
 

 
身体の力が足りないと
あなたがもし痛感するのであれば、
 
黙ってしかるべき訓練に
取り組み続ければ良いだけの話しです。
 

 
足を踏ん張って、しっかり腰入れて、
 
あたまのてっぺんを天に堂々と掲げて生きて参ろう、
 
というお話しです。



馬歩站樁③


三丹田



☯『 バリ島・早朝ボディーワーク 』
https://www.youtube.com/watch?v=RevcAptX8gg



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント