『 フットワーク サイドステップ 』 Martial Arts

「 サイドステップ 」
 
敵からは遠く 自分からは近く
 

サイドステップ


 
スポーツにおけるサイドステップは、
左右への足運びを指しますが、
 
Martial Arts・武術でのサイドステップは、
 
自身の攻撃間合いをキープしたまま、
 
相手の間合い・拳足武器の及ぶ範囲を潰すために、
 
逆三角形のラインで左右斜め方向すれすれに展開します。
 

 
近づくことは最初は怖いでしょうが、
相手が勢いづく前に
未然に近くに触れられる距離が安全なのだと
 
具体的な身体はこびで悟ります。
 

 
武術が競技と違う、目的・概念が違うのは、
 
点取り合戦ではないということ。
 
 
エンタテインメントのアクション演出では必要ですが、
スクリーンの世界のように、
 
終わらない点から点の攻防に終始せず、
 
 
立体的に身体を運び、
 
速やかに制圧するのが武術のありかたです。



サイドステップ①



敵からは遠く 自分からは近く。

☯『 サイドステップ 』
https://www.youtube.com/watch?v=I8ydmS3O_Yk


相手のケガのないよう、安全に気を使いながらです(笑)

☯『 拳法 相対訓練 ① 』
https://www.youtube.com/watch?v=v8jxl9hiw6A



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR