プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:教室日記
『 相手の歯車を抑える 』①

 

徒手武術における手足を繰りだす、
 
その「表現芸術」においての一考察。
 
 
相手のこちらに送られてくる拳足の、
 
主要な歯車・ギアシステム・・
 
つまり腰・股関節・首・肩・
 
肘・手首・膝・足首など、
 
相手の拳足にエネルギーが乗りきる前に、
 
主要な歯車を「止まり手」で抑える。
 

 
こちらの歯車は手先足先の動きだけで遊ばせず、
 
各パーツを全体性で統一しながら、
 
身体と心を分断せずに全身全霊で迎え撃つ。
 

 
 
ディフエンス・防御は攻撃技どうよう、
 
昆虫の触角のような繊細な神経センサーを導引する。
 
自身の制空圏内において、
 
全弾叩き落すくらいの集中力が要求される。
 

 
 
究極的には只の「一動」、
 
何気に振るった腕のひと振りすらが、
 
身体の全総量エネルギーをまとい、
 
シンプルに攻撃と防御を兼ね備えている状態を
目指さなければ成らない。



『 相手の歯車を抑える 』



☯『 相手の歯車を抑える 』
https://www.youtube.com/watch?v=b266dZqHMJU



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ☯Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ