プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:教室日記
Martial Arts



実践宇宙哲学 Martial Arts.
 
『 相対訓練 概要と 姿勢の字訣(秘訣) 』
 

二人で協力して行う相対訓練の良さは、
乱雑に陥りがちなフリー・スパーリングの問題点を
補完するものである。
 
拳足を振るう正確なタイミングや乱れたリズム、
自身の武器の有効範囲、
それぞれの正しい間合いをつかむ目的で行う。
 

 
積極的に攻めることがポイントとなる競技試合とは異なり、
特にストリート・護身の場合は
咄嗟に飛び込んでくる状況に対しての、
 
瞬間の反応が大切となります。
 
フリースパーよりはこうした相対訓練の徹底が、
感覚を研ぎ澄ます上では大変役に立つものです。
 

 
気をつけるべき点は、
訓練の認識を忘れて、
相手をねじ伏せるようなつまらぬ勝負心を抱くと、
技の精度の向上においては一切、役に立たず、
粗雑なものになるということ。
 

 
訓練に際しては、
また何か他のものを学ぶ普遍性においても、
 
格上の者に胸を借りると、
自分の力量が牽引されて成長が促進されるものですが、
 
 
それぞれの力量バランスに注意をして、
お互いに高め合う目的で臨むならば、
 
相対訓練はパートナーシップを学ぶ上でも、
良い訓練になるものです。
 

 
理性と本能を相い添わせ、
身体を動かすダイナミズムを楽しむように、
遊ぶがごとく。
 
ただし真剣に遊ぶこと。
 


『 相対訓練 概要と 姿勢の字訣(秘訣) 』


 
どのような訓練・状況においても緊張とリラックス、
 
それぞれの運動感覚を明確に知覚し、
 
正しく認識するように感覚を研ぎ澄ませて臨むこと。
 

 
気持ちを静かに落ち着かせ、
注意力をフルに動員するために、
 
あら熱のような無駄なエネルギーの浪費は避け、
 
「外冷内熱 がいれいないねつ」

表面上はエネルギーのレベルはダウンさせる。

 

 
「頭頂青天 とうちょうせいてん・センタリング」
 
脳機能・瞬時の判断力に影響する。
無駄に頭は振らず、頭はまっすぐ立てる。
 
 
 
「含胸抜背 がんきょうばっぱい」
 
ハト胸のような大胸筋を勇ましく誇ろうが、
屈筋緊張体質のそれは、
 
実際の戦闘時には一切、役に立たない。
 
面白くはあるが、「北斗の拳」は所詮、漫画である(笑)
 

胸はひっこめて、背中を走る力を拳足の先に流し込む。
 
 

「松肩墜肘 しょうけんついちゅう」
 
身体が浮つかぬように肩と肘は下げ、
 
腰の自由をキープし、
 
仙骨の位置を正し、
 
 
腰・脚・手、その他のパーツ部位を、
 
全体性のバランスを持って、
 
「身体のハーモニー」
 
完璧に調和した状態に保っておくことが重要である。
 

 
自然体をベースとし、
 
どのようなポーズを取っても機能的にナチュラルであり、
 
不必要な力はなく、
 
身体の伸び縮みは自在、
 
瞬間ごとに変わる状況下において
 
感知した直後には即、
心と身体がそろって反応できなければならない。



☯『 カウンターによる ストップキック 』
https://www.youtube.com/watch?v=7-_3j9ed78M



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ