プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ご感想
「数ではなく 粒をそろえる」

私の活動上の基準となっている言葉です。
 


以下は、東京での私の指導を一年間受けた、
 
筋力トレーニングのパーソナルトレーナー、
  
長田敦史さんの ご感想です。


長田 敦史【 Studio Komorebi 】

http://studiokomorebi.com/index.html
 
 
以下、どうぞ参考になさってください。
 

 
「山下先生
 
1年間お世話になりました!ありがとうございました。
 
以下、僕の感想です!


-1年間振り返ってみて-

僕は様々な筋力トレーニングを14年間ずっとやってきました。

それなりの身体になってきて、

ベンチプレス大会でも優勝したりして、

人様にもトレーニングを教えられるレベルになってきて、

一定の満足感と自信を持っていました。

 
2015年はその充足感と自信に

新しい肉付けがなされた重要な1年になりました。

 
御縁ありまして、

2015年1月から山下先生に教えを請うことになり、

月1回ではありますが、1年間お世話になりました。

 
自分がやってきたこととは

異なる教えが多く散りばめられており、

今となっては異世界を体験できたと思える

実り多き1年でした。

 
初めの頃は

自分がやってきたことを

否定したくなるような衝動に駆られました。

しかし、回を重ねる毎に、

「自分のやってきたことにうまくミックスさせ取り入れよう」と

シフトするようになりました。

とにかく初めはストレスが多くかかりました(笑)

 

【站椿 たんとう について】

まず、山下先生の教えの核になっている站椿 たんとう は、

初めはすごくしんどかったです。

それまで自分がやってきたトレーニングで、

1つのポーズで静止状態を

数分間以上キープすることなんて

やってこなかったからです。

 
動きの多いトレーニングばかりをしてきたので

とにかくジッとしてることが苦痛でした。

早く解放されたいといつも思っていました。

 
しかし、やっていく内にポーズには慣れていきました。

ただ、意識が散漫になると体勢が崩れるので、
そこは集中力が要求されました。

 
站椿 たんとう は奥が深すぎて、
その入り口の片鱗に触れたかな?という程度で

僕は終わったように思います。

時間をかけないと見えてこないなという感じはあります。

 

【まとまり、連動について】

筋力トレーニングは分断の連続です。

胸、背中、脚、腕、肩など、身体のパーツを分割して

各筋肉一種もしくは2~3種類に対して負荷をかけるものです

 
そういうことばかりしてきた自分にとって、

身体を「まとめる」とか「連動させる」ということはすごく難しく、

かなりの労力を使いました。

 
仙骨操作もその一つです。

筋力トレーニングではよく、腰を反らせ、

いわゆる出っ尻の姿勢を作ることが多いのですが、

スクワットやデッドリフトなんかはその典型です。

 
出っ尻癖がついてしまった自分にとっては

仙骨を巻き上げるように骨盤を前面に出す動きが難しかったです。

 
また、いつもウォーミングアップで行う相撲では、

腰を反らせた状態で
明らかにパワーが出ないことをはっきり体感しました。

腰を入れないと下半身から上半身にパワーを伝達させ、
爆発させられないことは

容易にわかりました。

 

【呼吸について】

人間は呼吸を大体一日3万回くらいするのですが、

そこまでたくさん行う重要な営みに対し、

これまでほぼ無自覚できました。

 
しかし山下先生に教わった呼吸法や、

呼吸することで体力の回復を図る術など、

生活が一変する程、重要なことを教わったことは

一生ものの財産です。

 
また、この呼吸法により、

自分のトレーニングの質も高まりました。

 

【力みについて】

僕がやってきた筋力トレーニングは

力みの連続です。

 
力むことによって爆発的なパワーを作り、

重量を上げるというものです。

 
気のせいかも知れませんが、

ジムに行くと、運動していない平常時でも

妙に力んでいる方を見かけます。

 
あれはトレーニング時に

力みまくっている行為を繰り返しているからなのだと思います。

 
ジムなどでは、あまりフニャフニャして

脱力してる方を見たことないです。

自分もきっとそんな感じだった気がします。

 
今では、視点が変わったので、客観的に見ることができます。

しかし今でもジムは好きです(笑)

 
印象的だったワークは年頭合宿で行った

パートナーに大腿の上に直立してもらうワークです。

あれはかなり痛みました。

 
しかし、リラックスして脱力して

小川のせせらぎなどをイメージしてるほうが

自然と痛みが軽くなりました。

あれには驚きました。

 
最後に、

山下先生に教えて頂いた時間は価値ある時間でした。

 
山下先生は時にユーモアも交えて下さるので、

いつも笑いが起こるワークは笑顔がこぼれ、

楽しくもありました。(最初はストイックな印象でしたが)

 
2016年は山下先生に教わったことを、

身近な人に、そしてこの社会に

還元していきたいと思います。

本当にありがとうございました!!!!

 
これからますます自分を高めて進化させていこうと思います。」



10511107_410557229110137_2552134725998748620_n.jpg


10929913_781964448526044_4862233941751984896_n.jpg


995_916653321782900_3109655753153279832_n.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☯『 カウンターのサイドキック 』
https://www.youtube.com/watch?v=xvMr1jgCIuI


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ