『事足るを知る』

事足るを知る。


今号 モーニングの「バガボンド」

バガボンド


武蔵にとって、はじめての「師」とも呼ぶべき人物との別れ。

またその「師」も、

武蔵という風入れあっての気づきと、安らかなる往生を迎えるに至る。



教えること 伝えることで、学ぶことの意義。



足らなかった、安らかなる「心の修養」をたずさえ、

武蔵はいざ、小次郎待つ小倉へと旅立つ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わたしたちは今まで

足し算ばかりで 生きて来た。



これからは引き算。



余計なものをそぎ落としていくことで 観えてくる大切なもの。



「待つべき」意義というものは、真にそこにこそあるものです。



原初生命に立ち返るであるとか からだの声を聴くこともそう、



それが究極の ご自分のためでもありますよね。




*サグラダ・ファミリアで有名なアントニオ・ガウディと井上 雄彦氏が、

 時空を越えてコラボするそうです。

 ご興味ありましたら。

http://t.entertainment.jp.msn.com/general/article.aspx?cp-documentid=254229533

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR