プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:神さま
12717538_555254217973770_4422923252446687755_n.jpg


 
松下幸之助社 - 祭神:松下幸之助命

三重県鈴鹿市、

猿田彦大本宮
「椿大神社 つばきおおかみやしろ」内にある末社です。
 

 
この神社の崇敬者であり、
また自らもこの社内(やしろない)に
没後、神として祀られた松下幸之助氏が、
生前、寄進された「鈴松庵 れいしょうあん」という茶室があります。
 

おかげさまで先日の立春、伊勢参拝の帰り道、
今年もこの庵で
お茶をいただくことができました。
 

12688367_555254251307100_1215409985099174750_n.jpg


12705779_555254264640432_9126831142930172886_n.jpg



松下幸之助氏は その経営手腕のかたわら、
日本の心として、
神道(しんとう)・・かんながらと、
茶道の実践をされておりました。
 
 
写真の茶室は庭園とともに、
松下幸之助氏が、
 
日本の心をこよなく愛する想いから、
茶道の発展を祈念して
椿大神社に寄進されたものです。

「鈴松庵」とは、
鈴鹿の"鈴"と松下幸之助翁の"松"をもっての
命名です。
 

 
 
以前、パートナーが感動したと言って読み上げていた
松下幸之助氏の一説を聴いておりましたが、
 
真理に辿り着いている方は
「老子」同様、だいたい同じことを言うなぁと、
改めて深い感慨を持ちました。
 

 
そして老子同様、「本質」が語られたものには
 
古いも 新しいもありません。
 

ここまで話しておきながら、
実を申しますと、私は松下幸之助氏のことは
あまり詳しく知らないのですが(笑)、
 
残っている数々の言葉の響きから察するに、
 
きびしさが美しさにまで昇華されたものを感じます。
 

 
そのお持ちでらっしゃった「神性」が、
 
社に祀られるほどに成った方なのだと感じます。
 

私は直感的に、このお方の
その凛とされた気風が好きです。
 

 

私は世にある どんな名言も、
本人の人生上の体感が追いついて来ない限り、
腑に落ちるものではないと捉えています。
 

その言葉そのものが帯びている響きと、
 
真摯に磨いて来た
自分の「心身の状態」がマッチしたとき、
 
はじめて〝腑に落ちる〟ということが
起きて参ります。
 

 
それが誰それの名言であれ、
それはその方の人生を生きた、
その血肉から絞り出されたものであり、
 
あくまでもその方の言葉です。

 
参考にするぶんには良いですが、
露天商のごとく、他人の名言シェアばかり
飾り並べたてる行為は、
 
権威的ステータスに ぶら下がり続けるようなもので、
それは自身の主体的に生きる力を 
どんどんと削いでいくものであり、
 

自身の内から溢れる、
本当の「自信」というものを
育てるものではありません。
 

 
教師に対するマナーと言っても良い、
質問の壇上に挙げる前の心得もそうですが、
 
まず、
 
自分はどう感じ どう考えるのか
 
基本感性である、
この心根が大切ととらえます。
 

この基本感性が、
誰のものでもない自身の人生を
主体的に生きていく、
 
わたしたちの力の源泉となるものです。
 
 

 
せっかくですので、上記を踏まえた上で、
私が松下幸之助氏の言葉で
深い感慨を持った一説を御紹介したく思います。
 

 
以下、
 
 
「宮本武蔵というのは、
どんな人だったか知らんけれども、
本を見てまあ知った範囲やけどな、
あの人は絵も描くな。
 
その絵が重要文化財になっている。
立派な絵をよう描いているなあと思った。
重要文化財になっているからそう思うのか知らんけど、
それほどにあの人は絵がうまいな。
 
 
ところが一方で、
絵だけやなくて剣がうまい。
〝剣聖〟やな。
 
その彼は学んだ先生があったかというと、
先生、師匠はいなかった。
宮本武蔵は自分で修めて、会得したんや。
 
だから君らも、言うなら、
〝あんたの先生は誰だ〟と聞かれたら、
〝先生はいない。先生はぼくや〟と答える。
そういうようにならないとあかん。

 
〝それは誰に教えてもろたんや〟
〝ぼくは自分で教えたんや。
塾生はみなそうや〟と。
〝みんなお互いに先生になり、弟子になり、
まあいわば交代しているんや。
 
そして今日をつくったんや〟と。
こういうことやな。 
 
 
そうやって、政治にしても経済にしても、
その他の文化的なことでも、
宮本武蔵のような修行をしないとあかん。
彼は修行してるわな。
 
鐘の音を聴いて、風が吹いてきたと知り、
その鐘の音によって、
何かを会得してるわけや。
 
〝ああ、風が吹いて寒いな〟
というようなことを考えていない。
 
~中略~
 
宮本武蔵という人には師匠はない。
そうやけど〝剣聖〟と言われるようになった。
彼はどの先生についたわけでも、
勉強したわけでもない。
 
自分で編み出したんや。
自分で剣の術を習得した。
自分で会得したわけや。
 
 
だから、諸君も宮本武蔵の精神に倣って、
自分で研究・工夫をしてね、
剣であれば宮本武蔵みたいになったらいい。
 
政治であれば、宮本武蔵みたいな
政治家になったらいいわけや。
 
全世界の人々にこうしたらいい、
こうしたら人間の幸せというものが
約束できるという信条を発見したら、
それを発表したらいいわけや。
 
 
そんな完全なものまでいかんでも、
これが今いちばん現世においては
最高のできやという論文ができたら、
それを発表したらいいわけやな。
 
きわめて簡単やろ、君(笑)
できないことはないで。
 
 

ぼくが松下電器(現 Panasonic)をつくったのは、
百円の元手やった。技術も何もあらへん、
学校へ行ってへんからな。
それがいつの間にか今日の松下電器ができたわけや。
 
最初に松下電器をつくったときに
そんな夢を言っていたらみんな笑いよったやろうな。
しかし日がたったらできたわけや。
だからね、できないことはあらへん。
 
 
ただぼくが成功できたのは、
最初にこれをやろうと思ったことは、
志しを変えなかったからや。
 
六十五年間、商売というものを一回もやめなかった。
もうそれ一筋にやってきたわけや。
金が払えん、非常に困ったというときでも、
一向に迷わんとやってきた。
 
それでついに今日の松下電器ができたわけや。
悲観するときがあったり、
思うようにいかんときがあったり、
迷うときがあったりしても、
 
いったん商売を始めた以上、
もうこれしかないというくらいに考えて、
運命をかけたわけや。」
 

『リーダーになる人に 知っておいてほしいこと』
松下幸之助 [ 述 ] 松下政経塾 [ 編 ] PHP研究所



12661972_555254237973768_2535310881456065350_n.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ