プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
人は痛切に必要を感じない限り、自らの意志を持って、
それまでの生きかたを変えることが出来ないものです。
 
口先だけの“やります”だけでなく、
今、この瞬間から行動パターンを変える努力が出来ない方は、
 
まだまだこれまでの生きかたを、
続けられる余裕があるということです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

「 いただきます 」
 

世の中には美味しいもの、いっぱいありますよね。

 
食事…「食」のこと。

それを口に含まれたとき、
それがご自分の 血となり、肉となること…
 
どれだけ意識されたことがありますか?

 

これ飲んでりゃ安心、これ食べてりゃ安心と、

ただだくだくと口の中に放っていることないですか?
(情報含む)

 
 
忙しいときはいちいち意識するなんて
生活上、仕方ないとかあるでしょうが、

私も護岸工事の石積みや、
焼けつくタールを下にしての真夏の灼熱の道路舗装の現場労働、
その他、多くの肉体労働をしていたときは、
ドカ弁がっつき傾向でした。

現場の元気めしはそれでいいんですけどね(笑)

 

 
「先生は普段なに食べてるんですか?」

 
私は基本、地球人の認識ですが(笑)、
 
ネイティブサイエンス、
 
他の国の生活様式に溶け込んで、
その国の土地風習への意識が浸透している方や、
 
他の国の前世記憶の長い方は別として、
 
 
私自身はこの日本という国に生まれて、
心身の帰属ベースがこの国に長くありますから、
 
基本、和食がしっくり来ます。
調子悪いときほど。
 
 
人さまが手間を欠けたお米からなる御飯、
味噌汁、納豆などの発酵食品、
 
咬食・・脳機能にも影響を与える、
咬む力を高める根菜類など。
 

 

自分がどこから来て 一体何者であるのか、
 
自身の帰属ベース、
 
バックボーン・背骨(中心軸)を
 
ある程度、はっきりさせていることは、
 
自分にも 他者にも親切なことだと心得ます。
 

 

そうして基本、和食が好きなのですが、

はい、たまにマックのポテトが
無性に食べたくなるときもありますし、

地酒が一番好きですが、お酒も飲みますし、

煙草は普段まったく吸いませんが、
まったくやめたわけでもありません。
 

男どうしの酒が興じて、
友人の吸っているものに手が伸びて、
一本吸うときもあります。
 
もらいタバコかよっ!(笑) タバコ税高いんだぞ。
はい、申し訳ありません・・・(^_^;
 
 
むかしホテルなどの接客業をしていたときは、
ひっきりなしに対応に追われるストレスフルからか、
一時チェーンスモーカー状態までいきましたが、

そんな風に友達の(笑)煙草を一本吸って、
あとは2ヶ月でも3ヶ月でも吸わないでいられます。
 

現在の身体の傾向なら、
おそらくもう煙草に手が伸びることもないでしょう。
 

 
我慢、抑制では人は何かを止めることはできません。

 
 
本人の心と体が本当にそれらを必要としなくなったとき、
 

痛切に感じたとき、
 
 

はじめて人は自然に、
 
誰かから言われたわけでない、
 
自分で選択する力を得ます。
 

 
 
・・・なにが言いたいかと申しますとですね、

 
意識の力による
 
身体の感性力の高まりとの関係です。

 
意識と 身体の関係。
 

 

それが今、食べたいものなのか
(食べられる身体の状態)、

 
そのときは食べたくないのか
(身体が受け入れを拒否している)

 
 
身体の感性力が上がると、
 
「自然に」ご自分の身体が、

そのとき必要なものを教えてくれます。

 

 
いろんな健康情報(メディア情報)ありますが、
あくまで参考までにとどめておき、

自分の舌を含む五感から始まって、

全身系列の身体の感性力を高めて参りましょう。

 

 

☯“意いたれば 気いたる”

 
そこに心づけをした刹那に、「気」はそこに宿る
 
という言葉ですが、

 
 
私やあなたという存在は、
 
実は「意識」です。

 

 
「いただきます♪」と一声あげて、
 
これから口にされるものを目を通して捉えて、

言葉にまさしく「気」をノセて ≪祝詞 のりと≫、

ご自分の有り難くも血肉となる食べ物を
 
しっかり心と体で とらえる作用もございます。

 

 
「たなつもの もものきくさもあまてらす 

ひのおほかみのめぐみにてこそ」 柏手一拝 かしわでいっぱい パンっ♪

 
国学者であられた本居宣長さんの歌ですが、

穀物や木草などはすべて

天を照らすお天道さまのおかげがあってこそのもの

といった意味です。



11046198_431588683673658_6361979275811975217_o.jpg
 

 
写真は自身で作った雑煮です。

ご自分でしっかりと手にかける・・・
これも対象に「気」が宿りますよ。

 
この「自分の手を掛ける」ということが、
料理に限らず、
 
あらゆる生活上において
とても大切なことです。

 
あらためまして…いただきますっ。
 



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ