プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
【 生命観 】



しばらくこのテーマで展開して参りたいと思います。
私は自身の掲げるボディーワークを主軸にしながらも、
風景写真や映画、漫画の紹介や、
ときにはおちゃらけ投稿も致しますが(笑)、
 
すべてタイトルのような「生命観」に繋がりながら
発信させていただいてます。
 

 
この「生命」命の在りかって、いったい何でしょうか?
 


「養生」という言葉があります。
 
まさしく生を養うことですが、
 
古代においては養生 = 攝生 せっせい としました。
 

この「攝生 せっせい」ですが、
 
〝生命をつかまえておく〟という意味です。
 

一瞬たりとも見逃さず、捕らえて放さないということです。
 

 
「攝 せつ」そのものは、
 
合わせくっつけて、
あちこち散ずることがないように
手に持つことを表した文字です。


「生命」とは自然現象・物ごとの自然な現れであり、
 
それは私たち自身の内側と、外側において、
常に同時に起きている現象です。
 

 
その私たちの内と外において共通する現象、
その最大特徴とは、
 
生起 と 消失 です。
 
 

生と死と捉えても良いですが、
 
この、生起 と 消失が
 
どの瞬間にも立ち現れているのが、この世界です。
 

 
〝どの瞬間にも〟
 
仏道においては、一 ひと 刹那、
 
生起と消失の循環状態を 輪廻 とも表現しました。



この生起と消失の 一刹那ごとに
 
活き活きとした〝新しい世界〟が
 
瞬間瞬間に立ち現れている・・ 
 
この有り様が「生命」
 

 
自分の「生命」の在りかの理解に努めること、
 
これが「養生」であり、
 
私のボディーワークは「養生学」であること。
 
 
 
いわゆる健康法、健康のための〝やりかた〟の前に
 
〝やりかた〟が純粋に機能するための
 
「在りかた」とその深い理解が要求されます。



まず、自身の「生命」の在りかを探る。
 
 
みなさま、今、自分の胸を突発的に、
ちょっと浸透するような感じで叩いてみてください。
 
私、いま自分で叩いてみました(笑)
 

 
武術などの経験は最たるものですが、
 
自分への強い衝撃がある・・これはリアルな理解です。
 

 
打ったあとの胸が、表面化でじわ~・・・っと働いてます。
 
ちゃんと細胞の修復作業が働いているのですよね。
 
 
打つ打たれるという突発的に起こる自然現象、
 
生起と消失が、今この瞬間にも生まれているわけです。



「生命現象」というのは、
 
自分の中でも常に起きている物語・ストーリーです。
 
それがいかにつむがれているか、
 
リアルに理解すること。
 

 
これが「養生」であり「武術」であり、
 
この二つは肉体強度が違うだけで実は同じものです。
 

 
古代から連なっている「生命」その在りか、
 
これは自分自身に起きている生起と消失を
 
しっかり捉えることで、
 
今この瞬間にも妄想など湧き出る余地もなく、
 
理解できることです。



私のボディーワークは「站樁 たんとう」
 
そこから得られる〝状態〟のために
 
これを訓練体系の中心核においてますが、
 

 
練習者が、多くの〝やりかた〟部分的条件、
 
人為的コントロールによりレベルを上げる技能訓練、
 
 
これらだけを修めることを〝目的〟にしているのなら、
 
その練習者にとって「站樁 たんとう」は不要な訓練です。
 

 
自分自身と他に流れている「生命」への理解のために、
 
練習者は「站樁 たんとう」という訓練を行うのです。



【 阿智神社 奥宮 】



☯5月28日・土曜日「森のボディーワーク講座」
 
駒ヶ根ふるさとの家 セミナーハウスにて行います。
 

【 Vital Energy Body Work 】 山下 俊行

 
※ 講座・合宿の お問い合わせは info@koshizu.com (山口)まで。



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ