プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
千人塚

 
このところ、「生命」この根源の捉え直しのために、
この命題を掲げておりますが、
わたしたちは自身の身体を通して、自分の内と、
外に存在する「生命」そのものの捉え直しを図らない限り、

 
科学、医療、宗教、思想、文化、経済など、

この世界のどの領域、どの分野に手をつけても、

命の根源に繋がって、
 
循環的に機能を果たすためのより良い世界の「在りかた」
 
そのための深い理解を得ることが出来ません。
 

 
逆にこの「命の根源」と常に繋がるならば、
 
あなたがこれまで関わって来たこと、
 
これから関わろうとすること、

その両方において

深い理解を得ることが出来ます。



この根源理解のために、
私のボディーワーク体系では「站樁 たんとう」訓練を
行うのですが、
 
 
この訓練における構造としての最大特徴は
 
まず、高い「圧力」を生じること。
 

 
これは体内外の気圧差・・
 
つまり内気圧と外気圧のギャップにより、
 
永続的に働く「フリーエネルギー」の状態を、
 
個人の肉体においても実現することです。
 

のむらハウジング・駒ケ根講座


 
上のような状態原理を同じ観点で説く、
フリーエネルギー研究家で飯島秀行さんという方がおりました。
残念ながら、この三月に永眠された方です。
 
科学的視点も宗教的文言も
同じスタンスで紡ぐことが出来た方です。
 
なぜなら「命の根源」と繋がっているからです。



根源と繋がっている方は、
世のどのようなツールを選んでも、
 
表面的にはシンプルに物事を一貫して、
力強くこの世界において表し続けることが出来ます。
 
情熱という精神的なことを含めて、
エネルギーが枯渇することがないからです。
 

 
分離科学、分離教育、その他、
世のあらゆる分離・分断のツールを手に取っている方、
 
すべての選択において人生の責任を痛感し、
他者や物のせいにしない方、
 
眠っている自身の自然本能でピンと来る方、
 
そういった方々におすすめの書があります。
 

先の飯島 秀行さんの著書
 
◎〝ぜんぶ実験で確かめた〟
「宇宙にたった1つの神様の仕組み」ヒカルランド
 
飯島秀行①

 

著書内容ではありませんが、以下はサイトでの
飯島 秀行さんのインタビュー記事です。
 
http://www.thd-web.jp/site/gaia/vol344.html
 


たった一つの自然法則から万物が成り立っている


― 編:飯島さんはどのようにして自然の法則を学ばれたのですか。

飯島さん:  私にとって自然が学校そのものでした。
自然を前に自分で答えを探すしかありませんでした。
 
特にボリビアの広大な土地で農業をしていた時は、
現地の人と言葉が通じませんから
徹底して自然から学びました。
 
例えば「どうして作物が成長するのか」
「なぜ作物に虫がつくのか」「どうして水が腐るのか」
「どうしてモーターが回るのか」
「エネルギーとは何なのか」と追及する中で
新しい発見が生まれたのです。
  
その結果、この地球上にあるすべての存在は、
"たった一つの自然法則"で動いていることが分かりました。
 
これは宗教的な思いではなく、
科学的な根拠としてはっきりしています。

 
― 編:飯島さんが発見された
〝たった一つの自然法則〟について教えていただけますか。

飯島さん:  簡単には伝えられないし、理解も難しいと思います。ただ明らかなのは、
みんな「空気が生きている」とは思っていません。
 
空気がなくなったら即死なのに
まるで無視しているかのようです。
この空気中のフリーエネルギーを
上手に取り入れることが大切なのです。


例えば空気の場合、
外気圧と内気圧のギャップが生まれた時にエネルギーが生じます。 
これは空気も水も、土壌も同じです。
 
この圧力の低いところから高いところへエネルギーが移動します。自然界はこれを当たり前のように行っているだけです。

 
― 編:人間が生きているという現象も同じでしょうか。

飯島さん:  そうです。空気が無かったら
どんな生き物も生きていけませんからね。
 
インドで食べ物や水を
ほとんど取らずに生きている人がいると話題になりましたね。
あの方は空気から
フリーエネルギーを上手に取り入れているという証と言えます。
  
人は鼻だけで息をしていると思ったら大間違いで、
皮膚だって呼吸をしています。
鼻は空気の圧力を高めた分だけ
エネルギーを取り入れているにすぎないのです。
  
その昔、お釈迦様は殺生するなかれと言われました。
殺生とは動物を殺して食べるなということではありません。
野菜だって生きているわけですから。
 
生きているものを食べる必要がなくなる境地を悟ったから、
あの言葉を遺したのです。
だから「色即是空(しきそくぜくう)・空即是色(くうそくぜしき)」と言われたのです。


意識が進化した結果として
霞を食べて生きる人がいますが、
あの方たちは意識で圧力を高められる状態になっているので、
食事をせずに
空間からエネルギーを取り入れることが可能なのです。
  
人が食事をしたり
ビタミンやミネラルと言った栄養素を取り入れているのは、
それらを用いて体内の圧力を高めて
エネルギーを取り入れているにすぎないのです。
 
このエネルギーが低下すると疲労したり病気になります。
  
私から見たら、
お釈迦様もイエス様も素晴らしい科学者です。
科学者だから宇宙の法則を解くことができたのです。
あれだけの偉大な科学者はいないと思います。
 

この宇宙の法則はたった一つ。
 
一つの教えをもとに知恵が生まれます。
 
その知恵を応用して
実用化することが求められている時代なのだと思います。
  

人間には意識の圧力が存在します。
これが無くなったら死を意味します。
 
聖者と言われる人は、
この意識の圧力がとても高いのです。


高ければ高いほど圧力の差が生まれ
多くのエネルギーを取り入れることができます。
 
これからの時代は、
このエネルギーを活用する時代です。
 
 
まずは自然の法則を理解することから始まります。
 
 
エネルギー革命は意識革命とも言えるのです。
 
この法則を理解していただける方に
少しずつ広めていければと思います。

 
― 編:素晴らしい研究成果ですね。
新しい概念ですから理解するのが難しいですが、
実用化された技術や商品を通して
社会に貢献してまいりたいと思います。
今日は貴重なお話を聞かせていただきまして
ありがとうございました。

(文責:青木敬司)


飯島 秀行(いいじまひでゆき)さん
 
一般財団法人 テネモス国際環境研究会 理事長。
大学(経済学部)卒業後、1年間、園芸の研修を受け、
実家の家業(園芸農家)を継ぐ。
 
今から18年前(1993年)に
真理伝達者に出会ったことがきっかけとなり、
ボリビアでの農業プロジェクトに参加。
 
実践体験により自然農法を体得。
フリーエネルギー研究家。
あたりまえの世界の実現、
教科書の書き換えという目的を持って活動している。


フリーエネルギー




スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ