プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
「動態バランス」

 
これは運動の根本であり、
また人の心理・精神活動全般にも言えることです。

人は「安定」を求めるあまり、
その心と身体が思わず固着してはいないか?
 

 
多くの方が求める精神的安定もそうですが、
テコでも動かない、
固着した状態を安定・バランス状態だと
人はつい勘違いしがちです。
 

先日、【 命とは 流れ 動き続けること 】という記事を書きましたが、
これはすべての人間活動、
生命運動全般にも言えることです。
 

 
ボディーワークにおいて、
動作中で生まれる「片足立ち」を伝えるとき、
 
特殊な動作と思いがちですが、
 
実は私たちは歩くときは、
 
片足立ちの連続で成り立っているとも言えます。
 

その片足立ちの連続した状態を持って、
 
「歩行運動」と成しているとも言えるでしょう。
 

片足立ちをさせると、
練習者は特殊な運動だと思うのか、
ついグラグラしないように身体を固めて、
倒れないようにするのが目的の運動だと思いがちです。
 
つまり、固めるのは「運動」ではないということです。
 

 
練習者が求めたいのは、
波乗りのように足元の変化に対応できる
 
「動態バランス」です。
 

たとえ片足が上がっても、
いつでも足を移動のために次のポイントに運べる、
歩行の瞬間と変わらないと捉えてみます。
 
 
上げた足の裏に、
 
いつでも着地できるような用意があると、

固定バランスには陥らないものです。
 


羅漢樁②



☯動画 【 静態・固定バランスと動態バランス 】
https://youtu.be/Zbd5gX-oLS4




スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ