プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

とにかく「元気・源気」を養うこと☯

蚕起きて桑を食む(かいこおきてくわをはむ)
 
 
本日、「小満」を迎えましたが、
 
すべてが陽を浴びて、輝く季節の到来です。

 
11229692_465099216989271_2609115127150251383_n.jpg

 
自身の講座や少人数の指導において、
現代は圧倒的に基礎体力のない方が多いですので、
 
癒やしのケア・養生運動から、
着実に本人のなかに本来宿る生命力の獲得のシフトへと、
 
段階・状態を観て引き上げる体系を調えています。
 

 
大切なのは裏打ちの取れた根源的生命力の獲得、
 
「元気・源気」を養うことです。
 


実践と理論のバランス☯

認識(意識化)は練習者の上達を助け、
また大いなる力を生みますので、
ときにはホワイトボードを使い、
ちょっとした座学から始めるケースもあります。


Full Moon Body Work  野村ハウジング④
 

わたしたちの、

この世を運ぶ舟や車のような乗り物である「身体」と、

 
それを運ぶ「エネルギー・気」、

 
そして精度の高い
「ナビゲーションシステム・内観(観察と集中力)」

 
 
「形 と 気 と 心 」
 
これら3つをそろえて、その統合力をはかることが、
こうした自身の意識作用で けん引する
訓練の目的であること。
 

気血エネルギーの関係・身体と意識の関係。

 
その関係力を磨く上において、

◎「形」…身体・構造

◎「氣」…エネルギー・機能性

◎「心」…意識・情報

 

この3つを良く認識し、そのバランスを養う訓練が、
 
人間として〝後天的に〟精度の高い、
 
自身本来の「自然性」を呼び覚ます道 TAO なのだということ。

 
 
レッスン内容は主に、
 
みなさま小さいころから何かしらの体験をお持ちであろう、
多くの方が体験している「型」でもある
ラジオ体操第一の動きを、
 
分断された機械的動作ではなく、
 
身体の内圧状態を確認しながら
統一感ある動きを獲得していく
  
「気功的ラジオ体操」
https://www.youtube.com/watch?v=kVT91tzAzxY



緊張と弛緩・ゆるみとしまりのリズムなど、
人間の自然調節機能を喚起する「整体運動」


特に私のボディーワーク体系の中核である
 
「站椿 たんとう 基本三式」は、
 
じっくりと時間を割いてお伝えさせていただいてます。
 
https://www.youtube.com/watch?v=ZB-rNj_IKjs

 
 
レッスン時間はそれぞれのインナースペースに没入していく、
貴重な時空間となります。
 
 
それぞれの宇宙があり、
それぞれがその中心であり、
 
まずは中心力・・身体の中心たる、
上半身と下半身を繋ぐ骨盤の動きを主体とした、
 
「活力・内気 Vaital energy」の活性化が

練習においての主眼となります。
 

レッスン後は終わってハイさよならではなく、
お茶などの時間を取り、
それぞれ感じていることをシェアする時間となります。
 

山も川も 海も みな表現をしている。
 
それは私が個別の感想を参加者から
ただ聞きたいのが目的ではなく、
 
 
みな等しく今この瞬間も
リアルに身体内に流れている「生命」
 

今リアルに感じた 感じていることを
 
練習者は「表現」として昇華して、
 
意識的にも無意識的にも
自身に深く落とし込んでいく作用が
このシェアタイムにはあります。
 
そこに本人の話しがうまいとか ヘタとかは関係ありません。

 

病気の症状やケガの有りようは、
ただ表面現象だけを追っているとキリがなく、

樹木の枝葉だけを見て、
根源的な「根っ子」の部分が観えなくなり、
 
視界の狭さ、
物事の捉えかたの狭さを引き起こすものです。
 

病気やケガの有りようは、
無意識に呼びこむ環境ふくめた
その成立条件を引き起こす負的人間の可能性
本人の力の側面でもあり、
 
また本人の魂の「表現」でもあります。

 
 
物事諸事において
 
「とどこおり」という問題点、
 
その改善を及ぼす第一歩は、
 
「禅」などの心を鎮める訓練を通じて、
 
安静になることで起きてくる生命力そのものを喚起すること。
 
 
 
宇宙が一見、静かな

「静中の動」を秘めた闇一点から始まったように、
 
それが自身の内と外に、
 
整理改善のための
 
「スペース・空間」を空けることに繋がります。
 

伊勢神宮の遷宮と同じように、
 
「空間」とは、
 
新しいエネルギーを呼びこむ力
 

人はまたそれを呼吸の力
 
「息吹 いぶき」とも言います。

 
 
ひとつひとつを丁寧に、焦らず時間をかけながら、
 
練習者は見えない貯金のようにレッスンをかさね、
それぞれに眠り宿る力が現れて
それぞれの暮らしぶりに活かされていくこと…

毎回のレッスンにおいては
そんなことを願わずに願うのみです。


11391432_465099203655939_1694241261929315357_n.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ