【 風はこぶもの 】 


天と地のはざまにて。
本日、私たち人と、この天地は「夏至 げし」を迎えました。

13532768_615184811980710_5466151118918994837_n.jpg


夏至という日は昼ひなかが最も長くて、
太陽の角度が最も高いところにありますが、
1年じゅうで天気が最も暑い日というわけではありません。
 

夏の盛りはこれから、日に日に増して参ります(笑)
 

そこで「養生・命をとらえて離さない」が大切となるのですが・・・

 
古代中国の古い医学書で
 
『 素問・四気調神大論 』というものがあります。
 
これはまぁ要するに、
それぞれの四季の過ごし方を説いたものですが、
 

 
☯「四気」とは わたしたちの体内外における、
 
自然をも含んだ「氣」の四大運動

「昇・開・降・合 しょう・かい・こう・ごう」を指します。
 

・昇(しょう) ⇧⇧ 上昇エネルギー。

季節に相当するは「春」、一日の「気」の流れでは朝、
 
心理に相当するは「怒り」
 
 
 
・開(かい) ⇦ ⇨ 中心から広がりゆく開放的なエネルギー。
 
季節に相当するは「夏」、一日の「気」の流れでは昼、
 
心理に相当するは「喜び」
 
 

・降(こう) ⇩⇩ 下降するエネルギー。
 
季節に相当するは「秋」、一日の「気」の流れでは夕暮れ、
 
心理に相当するは「愁い うれい、悲しみ」
  

 
・合(ごう) ⇨ ⇦ 中心へと収束、合わさっていくエネルギー。
 
季節に相当するは「冬」、一日の「気」の流れでは夜、

心理に相当するは「恐れ、不安」



☯「調神 ちょうしん」
 
「神」とは中医学においては大脳機能を指しますが、
 
わかりやすく「精神」を調えると解釈してください。
 

 
その『 素問・四気調神大論 』に寄りますと、
 
「志を怒らせることなく、精神を優れたものにし、
 
気を疎通させ、もし愛が外にあれば、
 
これは夏の気の需要であり、養生の長い道である」と。
 

 
つまり、夏季になると、
精神を清くし、「気」を調和し、愉快で楽しく、
わたしたちの度量が広々とし、元気いっぱいで、
 
万物の生長が日の光りを必要とするように、
外部の物事に対して強い興味を示すようになり、
 
楽観的で外向的な性格を育み、
身体においての「気」の通り道に役立つようにするわけです。


またこれとは逆に、
すべてのことにだらだら飽きっぽくなるならば、
怒って憂鬱になりやすく、
 
わたしたちの身体においての「気」のめぐりを妨げることとなり、
 
それはことごとく改善しなければ

いずれ不健康へと至る「状態」となります。
 
 

 
また蒸し暑い夏に対しての精神調整としては、
 
「さらに休みに意識を配り、心を静め、
 
常に氷と雪が心にあるように、暑くても吾の心から少なくし、
熱くなって、さらに熱が生じるようであってはならない」としています。
 

つまり「心頭滅却(しんとうめっきゃく)すれば火もまた涼し」
ということで、
ここで言っているのは夏における養生としての、
 
わたしたちの精神の保養です。


・・・・・・・・・・・・・・・
 

「 風はこぶもの 」

 

田んぼを波のように 風が走り抜けていく…

陽の光りだけでは苗は育たない。

風なくては育たない。

 
風もまた、いのちを運ぶものであり、
 
それはいのちの情報を満たした「氣」の伝わりです。


そしてこの風は、

あまり密集した苗の状態では
風抜けというものが悪くなり、

風あっても苗は成長しないものです。

 
 
人もまた、寄り集まりすぎれば

風抜けはよろしくなくなり、

苗同様にまた成長しない。

 
 
水も 風も 

そしてわたしたちの内にある気と血も、
 

その流れというものの本質において

過ぎることなく 不足することなく、

流れていることが好ましい。



13419173_611466515685873_3277356353610062919_n.jpg







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR