プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

天と地のはざまにて。
本日、私たち人と、この天地は「夏至 げし」を迎えました。

13532768_615184811980710_5466151118918994837_n.jpg


夏至という日は昼ひなかが最も長くて、
太陽の角度が最も高いところにありますが、
1年じゅうで天気が最も暑い日というわけではありません。
 

夏の盛りはこれから、日に日に増して参ります(笑)
 

そこで「養生・命をとらえて離さない」が大切となるのですが・・・

 
古代中国の古い医学書で
 
『 素問・四気調神大論 』というものがあります。
 
これはまぁ要するに、
それぞれの四季の過ごし方を説いたものですが、
 

 
☯「四気」とは わたしたちの体内外における、
 
自然をも含んだ「氣」の四大運動

「昇・開・降・合 しょう・かい・こう・ごう」を指します。
 

・昇(しょう) ⇧⇧ 上昇エネルギー。

季節に相当するは「春」、一日の「気」の流れでは朝、
 
心理に相当するは「怒り」
 
 
 
・開(かい) ⇦ ⇨ 中心から広がりゆく開放的なエネルギー。
 
季節に相当するは「夏」、一日の「気」の流れでは昼、
 
心理に相当するは「喜び」
 
 

・降(こう) ⇩⇩ 下降するエネルギー。
 
季節に相当するは「秋」、一日の「気」の流れでは夕暮れ、
 
心理に相当するは「愁い うれい、悲しみ」
  

 
・合(ごう) ⇨ ⇦ 中心へと収束、合わさっていくエネルギー。
 
季節に相当するは「冬」、一日の「気」の流れでは夜、

心理に相当するは「恐れ、不安」



☯「調神 ちょうしん」
 
「神」とは中医学においては大脳機能を指しますが、
 
わかりやすく「精神」を調えると解釈してください。
 

 
その『 素問・四気調神大論 』に寄りますと、
 
「志を怒らせることなく、精神を優れたものにし、
 
気を疎通させ、もし愛が外にあれば、
 
これは夏の気の需要であり、養生の長い道である」と。
 

 
つまり、夏季になると、
精神を清くし、「気」を調和し、愉快で楽しく、
わたしたちの度量が広々とし、元気いっぱいで、
 
万物の生長が日の光りを必要とするように、
外部の物事に対して強い興味を示すようになり、
 
楽観的で外向的な性格を育み、
身体においての「気」の通り道に役立つようにするわけです。


またこれとは逆に、
すべてのことにだらだら飽きっぽくなるならば、
怒って憂鬱になりやすく、
 
わたしたちの身体においての「気」のめぐりを妨げることとなり、
 
それはことごとく改善しなければ

いずれ不健康へと至る「状態」となります。
 
 

 
また蒸し暑い夏に対しての精神調整としては、
 
「さらに休みに意識を配り、心を静め、
 
常に氷と雪が心にあるように、暑くても吾の心から少なくし、
熱くなって、さらに熱が生じるようであってはならない」としています。
 

つまり「心頭滅却(しんとうめっきゃく)すれば火もまた涼し」
ということで、
ここで言っているのは夏における養生としての、
 
わたしたちの精神の保養です。


・・・・・・・・・・・・・・・
 

「 風はこぶもの 」

 

田んぼを波のように 風が走り抜けていく…

陽の光りだけでは苗は育たない。

風なくては育たない。

 
風もまた、いのちを運ぶものであり、
 
それはいのちの情報を満たした「氣」の伝わりです。


そしてこの風は、

あまり密集した苗の状態では
風抜けというものが悪くなり、

風あっても苗は成長しないものです。

 
 
人もまた、寄り集まりすぎれば

風抜けはよろしくなくなり、

苗同様にまた成長しない。

 
 
水も 風も 

そしてわたしたちの内にある気と血も、
 

その流れというものの本質において

過ぎることなく 不足することなく、

流れていることが好ましい。



13419173_611466515685873_3277356353610062919_n.jpg







スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 四季 夏至 個人指導

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ