プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:講座
13662149_631403877025470_8125520726962630277_o.jpg

 
先日の土曜日は長野県伊那市で、講習会。
アフリカンダンスをしている若い男性の参加もありました。

身体内の原初の活力状態としては、
こちらのボディーワークは内圧として動きの原動力に転換する方向性ですが、
生命運動のダイナミズムとしてはアフリカンダンスとも共通するものがあり、
たいへん興味深いところです。
 

13891807_631403913692133_1230068116369736650_n.jpg


しっかり練習すれば一生ものの見えない財産とも成る、
「習慣化」「基礎の基礎を打ち固める」など、
どの領域においても必要な具体的プロセスをお伝えしましたが、
座学のなかでいくつか紹介した言葉があります。
 
 

『 一法不立 百法不成 いっぽうふりつ ひゃっぽうふせい 』
 
 
この言葉は「気功養生学 きこうようじょうがく」を提唱された
気功名人、
焦国瑞(しょうこくずい)先生が良く言われた言葉です。
 

私は30年以上に渡って、東西の武術・格闘技、
気功や整体、ヨーガなど、貴重な身体文化を研究して参って、
 
その中心核に「站樁 たんとう」原理を据えることによって、
自身のボディーワーク体系を確立することが出来ましたが、
 
その確立に大きな役割を果たしてくれたのが、
焦先師の「気功養生学」でした。
 

 
私が気功において、師と捉えている方は、
90年代初めに日本の気功界を牽引された、
草分けとも言える星野 稔先生ですが、
 
「気功養生学」は、その星野先生の師に当たる、
北京中医研究院 焦国瑞 しょうこくずい 教授の提唱になる、
壮大な生命科学とも言える養生体系です。


焦国瑞先生②

 

焦先生は、站樁(たんとう)原理を、
国手(こくしゅ)・・国を代表する武術家であるとも賞賛された
王薌齋(おう こうさい)先師に学ばれましたが、
 
当時の政府からの指示で
王先師のところに出向いたのはいいですが、
 
国の指示で派遣されて向かったにも関わらず、
全く相手にはしてもらえず、
王先師に何日も懇願して やっと学ぶことが許されたことは、
その世界では有名なエピソードです。
 

 
気功養生学は焦国瑞先生亡き後、現在はその体系を
 
「日本気功養生学研究会」代表として、
 
星野 稔先生が引き継いでおられますが、
 
 
「自養其生 じようきせい」の思想を核心として、
より深く、より確実に体内変化の体験を積みあげ、
 
いのち のもつ可能性を大きく開いていく・・
そうしたセルフ・ケア、
セルフ・コントロールの能力を育てていくことを
目指している団体です。
 

私自身の研究要素を加えたボディーワーク体系においても同じ根幹で、
そのプロセスを お伝えさせていただいております。
 

13522032_631403973692127_3079100682453268755_n.jpg



☯「一法不立 百法不成」

 
これは「一つのことが出来ないのに、
百のことをやっても何の意味もない」という言葉です。
 

 
みなさまの背骨はなんでしょうか?
 
人は自分の背骨・バックボーンをしっかりさせてこそ、
 
その自由性の すそ野を広げていくことが出来ます。
 
 
自由というのは無秩序に
ただ広がれば良いというものではありません。
 
「最初から手つかずの自由」はないのです。

 

あれも良い、これも素晴らしいと、
いろいろな系統の気功法を学ぶ学生に対して、
 
焦国瑞先生は「そんなことは単なる時間の浪費に過ぎない、
むしろ体験は後退していく。
 
先ずは一つの事をきちんと学び、
 
修めていくことが何よりも大事」と戒められたそうです。


世の中は一昔以上に情報量が増大し、
あれも良い これも素晴らしいと、
このネット上でもさまざまな情報が
日々、飛び交っております。
 

信じられるものを何かひとつ、
 
たとえば身体から起きてくる自身の財産とも呼べる
 
昨日の、一年前の自分とは違うという変化ひとつ、
 
人が見つけられるということは、
 
とても貴いことです。
 

どんな分野においても「認識」をしっかり持つことが、

その後の体験の質を決定づけるのです。
 

それを理屈だけではなく、
 
たゆまぬ練習を通した検証、実践のなかで
 
「内的体験」とともに可能にしていく・・・
 
その具体的プロセス。



「内的体験」 「静をベースとした運動」
 
そして、
 
「積極的休息」と呼ばれる状態。
 

学びに終わりというものはありませんが、
私が学んだなかでは上記三つの状態が、
気功養生学の三大特徴とも言えるでしょう。
 

 
☯「内的体験」とは、
 
体の内部に起こる様々な変化にじっと耳を傾けていくと、
 
ひとつの系列をなす変化を克明に体験することができる、
そのプロセスの総体を指します。

 
 
☯「静をベースとした運動」とは、
 
上記の「内的体験」が前提となって、
 
表面的にはじっとしている中で心が静かになり、
 
身体の中が動いていく
 
〝特殊な運動の状態〟を育てていくことです。



☯「積極的休息」とは、
 
一般的には寝ると疲れがとれると考えられていますが、
 
 
内功(ないこう)インナーパワーは、
 
じっと立つことで眠るよりも効率的に疲れがとれ、
 
より深い安静の状態と、
より高い覚醒の状態を実現し、
 
相当程度時間をさかのぼって
抱えている疲労を処理できる能力のことをいいます。
 

私の伝えるボディーワーク体系は、
 
生命活力の根源とも言える、
 
この「内功 ないこう」を育てることを主眼目としています。

 

 
根が育つ前に あちこち不用意に動いて「気・Energy」が散ずれば 
 
エネルギーは枯渇し、
 
その体験はどんどん遠のいていく・・・

  「一法不立 百法不成」

とても意味深い言葉であります。



次回の講習会は、
 
8月27日(土)13:00~16:00
 
長野県伊那市  カクイチショールーム伊那店
 

 
ちょっと面白い?ところでは(笑)、
 
9月12日(月)13:00~15:30 
 
奈良・葛城御歳神社 かつらぎみとしじんじゃ 
 
「みとしの神域でボデイーワーク」を行います♪
 

 
◎講習会についてなど、お気軽にお問い合わせください。

『 Vital Energy Body Work 山下道場 』事務局 案内人:山口

メール info@koshizu.com
 

☯Vital Energy Body Work 山下道場HP
https://vital-energy.themedia.jp/


13895566_631404163692108_3647452190080191363_n.jpg


【 美しさ(整然としている) と 美しくない(雑然としている) 宇宙法則との関係性 】
2016年07月30日 伊那市
https://www.youtube.com/watch?v=nOPM7516U2o




スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ