プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
dgtuiggj.jpg


それが深みと高みを持って熟考されたものであれ、
瞬発的インスピレーションで産みだされたものであれ、
人にはそれぞれの人生のストーリーを紡ぎ描き出す上において、
物語りが必要です。
 

 
世界各国には古来より語り継がれて参った「昔ばなし」が存在すると思います。
 
 
それらは各国の「神性」並びに、そこに生きる人々の内面宇宙と、
 
誰個人が起点かもわからぬところで始まった、
 
人類宇宙共有の意識から自然派生された、
口伝えよりの真理の物語りと言えます。
 

 
聖書や仏典に相当するものが、
 
わたしたちが普段暮らしている、この日の本という国にもしあるならば、
 
聖書に相当するものとして、
それは日本昔ばなしが挙げられます。



それこそ、始まりは誰が書いたのかさえわからない、
個人の蓄積ではないところで、何百、何千年と経っている、
 
よくイメージされる平安貴族の装束さえ、
実は時空プロセスの最新の後付けとも言える、
根源真理のお話しとも言えます。
 

take_04.jpg
 
 

その聖書のエピソードのひとつである「竹取物語」
 

竹があるなら、むかしからよく聞いたり目にもする
 
「松・竹・梅」
 

松と梅に囲まれて
 
「竹」が真ん中にあるのが真理と言えます。
 

 
ここに酸性とアルカリ性と中性という、
科学的見立てが起こって参ります。


まず私が育った茨城県の鹿島砂丘近くにも見られる、
海砂浜からの砂防によく見られる防風林。
 
一帯、松がびっしりと植えられており、
江の島でもどこでも、海岸沿いに多く見られるアルカリ系です。
 

 
梅林は、梅の実そのものが酸っぱい酸です。
(梅干しなどは実際にはアルカリ食品ですが、
あくまで見立てです)(笑)
 

ここで酸とアルカリのふたつに分かれて在ります。
 

 
では「竹」というのは一体どういう存在でありましょうか。
 

 
「竹」は神と人の仲とり持ちとも表現できる、
 
アルカリでもない、酸でもない、
 
中性です。



「竹取り物語り」の かぐや姫という存在は、
 
宇宙生命、その根源生命の意識の総体から産まれた、
 
中性の心を持った姫なのです。
 

 
相対性、相い対するものを比べる概念のない、
 
ニュートラル原初の、
 
この世界の、
未だ知らぬ可能性を産み出す根源的存在を
 
先人意識の総体は、
 
中性である「竹」から産まれた かぐや姫と見立てたのでありましょう。
 

 
・・・おそらくはね(笑)



10309133_429111623921364_3026999467223359660_n.jpg





スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 根源 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 神道

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ