プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
cap00129.jpg


これはDVDリリースの前に、劇場の大画面で観ておいた方が良いという直観のままに、
夏の映画としてはギリギリの上映スケジュールに、
滑り込みするようにして先日、観て参りました(笑)
 
エヴァンゲリオンの庵野秀明監督なので、
エヴァがゴジラになった感の演出映像ですが(笑)、
これが実に迫力ある画作りであり、
リアリティある画面空気感として成功してます。
 

Cnt3evHUAAAxgYl.jpg


 
この映画はひと言でいいますと、
現場も現場、
規格外も規格外である対象をいざ目の前にして、
 
今現在あるだけの人間の知恵を振り絞り、
多くの関わる方が、
最大クリエイティビティを発揮して立ち向かう、
 
人間の「底力」を描いた映画と言えるでしょう。



Cf8vZv5VIAI4Pxs.jpg



人智外である、
完全自然災害というお天道さまのされることには、
わたしたちはまったくお手上げでありますが、
 
映画における「ゴジラ」は生物、
巨大強大ではあるがなんとかなるだろう、という上で、
 
実は人間の持つ底力「生命力」をフル発揮させるための、
 
神の化身として遣わされた存在として捉えることも出来る内容です。
 

 
このことは実は自然災害に対しても、
自然とは何か?生命とはなにか?という、
 
わたしたちの既成概念の捉え直しと、
学びを深める上では、
根本的な人類の姿勢、その在りかたとしては、
 
同じように問われる問題でありましょう。



この映画における「ゴジラ」は、
 
東京都下をメタメタに破壊する、
核分裂エネルギーの移動体として破壊神の面があるかと思うと、
 
仙人が霞を食って生きる状態・・
 
 
捕食をしなくとも、
 
水と空気があれば活動し続けられてしまうという、
 
次世代フリーエネルギーとしての、
 
進化の可能性を秘めた存在として描かれているのも、
 
鑑賞後、ひじょうに興味深い点でありました。



a5f8736eff92a3d3e70e975e3b521a40-1300x800.jpg





スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : シン・ゴジラ 映画 底力 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ☯Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ