プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ご感想
秋の土用講座①  秋の土用講座②



先週末、南信州にて、
「内功八段錦 ないこう はちだんきん Eight-section Brocade Exercise 講座」と、
 
わたしたちの日常行為である食事を通して、
あらためて生命(いのち)の在りかたを感じ考える、

合宿フィールドワークも導入しながら、
これを開催いたしました。



大鹿村①

大鹿村③

大鹿村②



私ども 『 Vital Energy Body Work 』 の活動は、
 
フィットするような通り名称が現在、他に見つからないので
「ボディーワーク」としておりますが(笑)、
人類が抱え触れている生命活動全体に視点をおきながら、
 
人の最も身近である「身体」というものを起点にしての実践哲学・・・
参加された方が感じ考えられる機会を得るための
心身のサポートをさせていただいております。


 
秋の土用講座③



今回は参加者の一人でもある、
「小静」さんのブログを紹介させていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・
 

◎大地と宇宙とつながり、いのちの花を咲かせる

『蠍座新月~いのちの循環 』
http://ameblo.jp/nanairo2173/


「蠍座で新月迎え、少しずつ満ちていく時。
新月直前は、ボディーワークの合宿へ。
蠍座的に「いのち」について、深く感じる2日間でした。
 
いのちの循環の中で生きている。
それを実感すると、誰に言われなくても
丁寧に生きようと思いますよね。
 
ブログを更新しました。
http://ameblo.jp/nanairo2173/entry-12214976097.html
 

ところで、春と秋の土用の時期にあるこの合宿
一昨年から参加していますが、
2年前は体力がまだなくて
二日目のフィールドワークは参加できなかったんです。
 
疲れてしまい、朝に帰っちゃったんですね。
 
2年後の今は、前々日はボディーワークの教室やって
前日は占星術ワークショップをやって、そして合宿へ。
 
宿では深夜まで飲んで(笑)
そして二日目もちゃんと参加してって
どれだけ元気になったのでしょう。
2年前は想像できなかった自分ですね。」


・・・・・・・・・・・・・・・


次回は、「春の土用講座」として、

2017年4月22日(土)・4月23日(日)に開催いたします。

保健医療運動を通した生命活動そのものの推進として、

医療・福祉系の方々にもおすすめです。

みなさま、よろしくお願い申し上げます。



秋の土用講座④





スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 土用 ざんざ亭 鹿ジビエ 八段錦 保健 医療 福祉 人間の可能性 心と体 身体感覚

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ