プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
16300057_727211920777998_7823554926100495182_o.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=8-qGvHTRYbo
 
この保健医療運動における構成要素は3つです。

 
☯調心(リラックスした状態での精神集中:入静)
 
☯調息(呼吸が整う)
 
☯調身(姿勢が整う)のおよそ3つの要素で構成されています。



16265793_727217627444094_6283898394749208366_n.jpg

 

この「八段錦 はちだんきん」は、
 
悠久の歴史を誇る、
中国導引術 どういんじゅつ のアルファにしてオメガのような位置づけとなるものですが、
 

時代が変化するなかで、
私は実際的な効果そのものを感じられるかを大切にしており、
30年以上、身体文化を実践・研究を続けていく中で気づいたことなどから、 
 
武術・ヨーガ・日本の整体、神道的な行法に至るまで、
私なりの創意工夫を加えております。


16174675_727217607444096_6716865208115252567_n.jpg
 

 
練習者が一通りマスターして実践を続けるならば、
この優れた保健医療運動は、
 
内臓機能の調整(内功インナーパワー)から、
 
この地球の重力を正しく味方につける、
身体を支える筋骨格レベルの強化まで(外功アウターパワー)、
 
比較的、短期間に練習者を強壮・強健効果に導く力を宿す、
エネルギーエクササイズでもあります。
 

今後も取り組まれる方の心身壮健のために、
広くお伝えして参りたい保健医療運動です。
 
 

☯「神さま と 宇宙 東国三社めぐりとフィールドボディーワーク」の中でも、
 
鹿島・香取の武神の息吹きのなかで、
じっくりとお伝えしたい保健医療運動であります。
 
2017年2月10日(金)11日(土)
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12222236664.html


CAXDLTFB.jpg

 
 
広いお部屋でも、ゆったりとした取り組みでボデイーワークを楽しめます。
夜は四季の懐石料理、夕食・朝食ともにお部屋出しです。
 

◎日常では味わえない贅沢なひとときを。
和洋室「雅特別室 」にて
 
和室10畳+6畳 洋室16畳 計92㎡
客室 露天風呂付
 

☯Vital Energy Body Work 山下道場
https://vital-energy.themedia.jp/


CAIHX6AX.jpg

CAT2VAO2.jpg





スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 東国三社 鹿島神宮 神道 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ