プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
たまたまニュースサイトで拾ったものですが、
こちらの内観ボディーワークの立場から見ても確認が取れて、
実に面白い内容でありました。

http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20140124/Rocketnews24_406704.html


このサーモグラフィー的な相関図のわかりやすさ(笑)


1620617_252715608227634_326354453_n.jpg


 
要は、常に変化していく感情の、その状態における気血の流れと、

「冷え」との関連性ですよね。

 

このサイトの記事でも、
個人の深い感知に関わらず、肉体は常に感情の影響を受け続けている、

およそこういった内容が書かれていますが、

 
感情の状態と、その身体に与える影響というものは、

これは心はどこにあるかと捉えることにもつながることです。

 
脳機能の統御・・・脳内血液の流れの調整だけにとどまらずに(常にふつふつと湧き起こるマインドのダウンをはかる)、

五臓六腑そのものに半ば意志が在るように捉え、
 
その気血の流れを調える中医学(中国伝統医学)・・・

鍼灸・漢方・気功などの得意領域でもあります。

 

日本も江戸の昔までは、
この中医学をベースに独自に臨床発展した「漢方医学」が主流でした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%96%B9%E5%8C%BB%E5%AD%A6

 

古来より日本人は、腹に心があると捉えていました。

「ハラを読む」 「ハラをさぐる」といった、からだことばが

昔からこの国にはありますね。

 
これなども臓腑に意志が宿るという捉えかたがあって
産まれている言葉です。

 

昔の日本人はその精神性だけから導き出したのではない、

実生活における身体の体験知から、言葉を発しておりました。

 
この こころ だけではない、からだ だけではない、

こころとからだを分離させず、

それらをくくり直した状態を「心身一如」と表現したり、

その発展段階を「神人合一」と表したりしました。

 

サイト記事を読むに当たり、
古来からのわたしたち先人のその洞察の深さに、
あらためて感じ入るところです。

 
もうひとつ興味深いのは、

この相関図は、フィンランド人と台湾人のデータから
上がってきているというところです。

 
身体の感知能力として、
東洋圏も西洋圏も違いはない、ということですね。

 
私は上記のように、
自分の修めて来た専門領域・・・そのバックボーンから言葉を紡いでおりますが(まぁ、皆さまそれが普通ですよね 笑)、

事実を事実として観る、発しているだけで、
いたずらに物事の優位性を説いているわけではありません。

 

横浜などで、かつて「気功」だけを前面に出した自身の講座においては、欧米の方の受講者もおりましたし、

人間の身体の見立てというものに、

西洋も東洋もないことは、ここに明記しておきます。


16298775_729587580540432_3773238155975304646_n.jpg

16298814_729587590540431_6689631673066121615_n.jpg

14589590_675795982586259_7029097839429611454_o.jpg





スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個人指導

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ