プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

なんかさ、今も「はなの舞い」って居酒屋から
生ビールと焼酎の白石ロックをあおって、
ちょっと飲んで帰って来たけれど、
 
後ろの席の、二十歳そこそこの若いカップルの
ちょっと彼女にいいとこ見せたい(笑)可愛い会話とか、
 
その向こうのおやじさんたちの、
代行タクシー頼んでその端数合わせなのかな(笑)、
〝おまえね、この500円は貴重なんだよ⤴〟とかね(笑)、
 

みなさん、一定の教育期間を経て、社会経験を積んでさ、
それで好き合う人でも見つけて、
ささやかな家庭をつくり、
いつまでも長く幸せが続くことを夢見て、
慎ましく生きてるじゃない?
 

それが国民総体としての、
現今、ほとんどの夢だっていうこと。
 
 
私も長らく勤め人をやって、
二度の離婚を経験させていただいて今現在がありますが、
 
それが国民総体としての、
現今、人が抱く ほとんどの夢だっていうことです。
 

 
でも、そんな慎ましい生活のなかでも
ときにはほころびが生まれて、
悩んだり 苦しんだり、
 
他の人どうなってるのかなぁ~・・なんて気になって、
多くの方が SNS のぞいたり、発信表現したり、
 
映画やドラマを観て、他人の人生に共感したり、
夢をひろげたくて登場人物と重ね合わせたり、
 

それがほとんどの 
慎ましい暮らしをまた信じて、
そうしていたいんだっていう姿であること。
 

 
支配関係、社会システムというのは
 
為政者だけの一方的な抑えつけだけでなくて、
 
 
ある種の安心を求めて支配されていたいという、
人々の支えがあって機能している側面があります。
 
 
 
それが今までのこの世界を覆っているシステムであり、
今もそうであること。
 

 
支配を受けて、 
誰かに何かに牽引されているのは
あるところで安心なことだけど、
 
芯のところでほんとの根源生命や
 
自身の自由を生きることはできない。
 

 
理屈じゃないところで、そう感じている人もいながらも、
それが国民、世界の今の総体であること。

 

深遠な希望へといざなう精神性と、 
目に明らかな結果をもたらす物質的な恩恵と、
 
それらを相添わせた、架け橋の先としての「夢」 
 

 
吹けばすぐに消えてしまいそうな、
 
まるで ろうそくのような灯を
 
静かな情熱で ときには力強く
 
灯し続けることができるだろうか
 

 
発信者はその辺りを踏まえながら、
 
この国と 世界の総体
すべてに添うような感覚で
 
全てを包括して
 
静かに 強く 
 
信じて行動し続けることしかできない。



17212189_747870508712139_6991094194229645335_o.jpg





スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 個人指導

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ