プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:教室日記
このところ出張講座もそうですが、どうもレッスン風景をいつも撮り忘れてしまいます。

撮影班を呼ばなきゃかな(笑)



先の大雪。
ここ南信州は伊那谷も、雪かきの集中作業で、
お集まりのみなさん、いい感じでお疲れ気味でありました。

おひとり、肩まわりと首にかかるコリからの頭痛から、
レッスン参加への不安を相談されましたので、
本人の状態を観て、頭痛の調整をいたしました。

あまり酷い場合は帰って素直に眠ることをおすすめいたしますが、



本来の気功とは「積極的休息」とも言われるセルフケアの技術です。



レッスンが終わって、みなさんとお茶する頃には、
頭痛を訴えていたその方の、冷えから来ていた身体の停滞感は取れ、
上着を脱ぐほど身体も温まり、
帰る頃には表情がパァーッと明るくなっておりました。

良きかな♪良きかな♪



どうも観てると、総じてみなさん、
ここ数日、
からだのアップダウンがあったようで、
それもまた変化の前の兆しであったりいたします。



本日は重点的に、肩や首にかけての、ご自分で出来る整体調整の技術と、
肝臓や腎臓(肝腎かなめの、という言葉はここから来てます)に対する、
経絡マッサージを応用した内臓調整の仕方を伝えさせていただきました。


また本日は新しい参加者の方もいらっしゃいました。
やはり先行イメージで「気功」といいますと、
手から何やら発するとか(笑)、
一般の太極拳のように決められた型を順番通りにこなすようなイメージを持たれていたようです。


伝統気功体系を伝える場合は、そういった指導もいたしますが、

まずは集まった目の前の方々の状態を観て、柔軟にそれぞれの体力を引き上げる内容をまずは重視します。



ほとんどの方は基礎体力そのものが低下してますから、
まずはそこからの、
気功的に観て無理のない引き上げかたをいたします。




レッスン終了後はいつもながらの、お茶しながらの体験シェアタイムとなります。


・「収功 しゅうこう」…気は回しっぱなし、練りっぱなしはよろしくありません。

気功にも偏差(へんさ)と呼ばれる副作用があること。
気功のあとはキチンと丹田に収める「収功」の大切さを説かせていただきました。


・スケジュールを追ってそれを埋めるばかりが充足ではない。

今回のレッスンのように、
静やかに気持ちを没入して取り組んでも、
心身が満ち足りるという体感は得られること。


そしてその体感の積み重ねは非常時ほど、


同じ現象が目の前で起きても、


心の落ち着けよう、


冷静な判断力へとつながるのだということ。



そんなことをお茶しながらつらつらと。




写真は、

朝の澄みきった大気のなか、

浮かぶ、雪月模様です。


光る月の真下を、

使いの鴉(からす)が横切って飛んでいきました。


みなさま、静やかな夜となりますことを。

おやすみなさいませ。

雪月模様


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ