プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
肘の角度や位置というのは人体工学上においても、とても重要なポイントです。
 
運転しているときのハンドルとの関係、
ゴルフのドライバーや野球のバットを構えた時の関係、
一見、肘から遠く離れているように見えるサッカーのキッキングとの関係など。
 
一般労働ふくめて、身体を駆使するありとあらゆるベストパフォーマンスに影響する大事な要素です。
 

 
構造的に安定していない場所に「肘」があると、
 
いわゆる〝脇が甘い〟状態となり、
 
これは「仕事の質」にも関わることですが、
 
身体的に安定しないばかりか、
心理的にも相手対象からつけこまれる状態を産みやすくなるものです。
 

脇の下は、体液循環の点からも少し開けてある方が望ましく、
脇を閉じ、肘を体幹にあまりつけない方がよろしい。
 

これは「站樁 たんとう Standing zen 禅」の訓練でも要求されることですが、
 
肘先にまで自分の質量・体重がノリ、
そして自在に、
ノッタ質量をコントロールできる強力なパフォーマンスがほしい。
 

これは鉄の意志をも育てるパワートレーニングのひとつですが、
 
プッシュアップよろしく、
両肘先と足先だけで自重を支える体勢を取ると、
 
この体重がノルという感覚は得やすいトレーニングです。
 
体幹もプルプルしながら鍛えられます(笑)
 
腹筋表面の緊張は意識して忘れ、なんとなくヘソの奥を感じながら続けること。
 
呼吸はきつくても詰まらせず、無理に吸ったり吐いたりしない。
 
自然呼吸で行う。
 
30秒 3セット。 Go ‼ (笑)

ねこドライブ


☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/





スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 心と体 人間の可能性 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ☯Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ