プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
物事の運行において、それが正しいか 間違っているかの判断基準は、

本人が取り組み続けた「結果」、

それが健全に循環機能しているか 機能していないか、

そこのみである。

ゆえに正しさも無限に有り 間違いもまた無限に有る。


良く会社などの上司やお店の店長から指摘されたときに
〝私は一生懸命やってます!〟、
吹けば飛ぶようなプライドだけ高いまま口答えする者がおりますが、

その上司の経験含めた俯瞰目線で観たときに、
明らかにチーム全体としては機能しておらず、
その会社にとって不利益を生じることが予想されるので指摘するわけです。


視野狭窄とした一生懸命やってると、「真剣に行う」は、

エネルギーの矛先においては天と地ほどの差が生じる。


さて今回は「母趾球 ぼしきゅう」ですが、
足の裏の親指の付け根、別名、まんまボールとも呼ばれる身体の場所ですが、

わたしなどはここを最大支点にして、
小指側とカカトの接地圧は地上と軽く触れる程度、
この辺り気にしながらスッと立つと、

まるで仮面ライダーの変身ベルトのように、
一気にへそ奥の中丹田までエネルギー力が集中・充実する「自然体」と成ります。

足の親指の先で床をかい込むような感覚も動員しますが、

この母趾球と小指側、カカト3点の接地圧の力の集中が、
3点を結んだ足裏のトライアングルの中心である土踏まず辺りに集まると、
足の甲が、山が隆起するように盛り上がり、
足裏のアーチ構造を形成し、

素早く動くタメの瞬間などに宿る足裏の感覚です。


これは私の経験測で物言ってますので、
日常、普通に暮らしているなかで、
この状態をずっと保つ必要はありません。


ちょっとコワイ話しですが、
昔、忍者を捉えるとまず何をしたかですが、
足の親指を切り落としたそうです。
彼らの卓越した身体能力そのものを奪うためです。

そのくらい足の親指側は、
身体を使う機動パフォーマンスの上で重要な場所だと言うことです。


立ちかたひとつでも、意識の使いかたなど、
他にもいろいろ要点はあるのですが、
知りすぎても人は消化不良を起こすので、今回はここまで。


母趾球と最も遠いところにある頭頂部まで繋がって、
スッと立つことが出来たら、

さぁ、君も今日からスーパーヒーロー・スーパーヒロインだっ。
きみたち、後楽園ゆうえんちでボクと握手!(笑)


☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/

虎







スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 母趾球 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ