『 カントリーレッスン 』

南信州は伊那の谷。

今年二月、記録的な二度の大雪のあとは晴天続きでしたが、

レッスン当日は外静やかな、禊ぎ(みそぎ)の雨。

汚れきった雪跡を流すように、天が大地を洗ってくれます。
まったく無駄のない、自然の浄化システム…。



先日は「カントリーカフェ」で教室指導でした。

カントリーカフェ④


マスク姿で現れた生徒さん。
聞けば三日前から風邪の症状があるという方。

熱風邪はまだ体力がある証拠で、言ってみれば身体の火起こしによる、
異物を排出しようとする浄化システム。

下手に熱を抑えるよりは、発散するだけ熱は出しきって、
鎮静化するまで待ったほうが良い場合があります。

この日来られた方は、鼻やノドの呼吸器系に来る風邪。
熱も出ないほど体力が低下しており、身体のなかが冷えている状態でした。

また他の方は、大雪のダブルパンチで、
連日の雪かきによる全身疲労で腰の痛みの訴えもありました。
こちらも腰から足腰までの冷えが目立っておりました。


余程、症状が酷い場合は、判断で本人たちにも帰宅を促しますが、
多少の不調を抱えていても教室に足を向ける気持ちの強さが、そのままこの方たちの潜在的な命の強さを現しています。


私の伝える気功は「積極的休息」


何もしないでそのまま眠るよりは、深いレベルで調整作用が働き、
当人の身体は自身の「自然」を取り戻そうと、無理なく動き始めるものです。


当日は整体セルフケアの技術をじっくり伝えて、それぞれに冷えとりの調整を少し施しました。


自律神経も安定して、深いリラクゼーションを体験したら、

ゆるみ から しまり へのシフト。


本人の命の力を更に引き上げる「底力」となるべく、

中国気功の精髄を、写真の「たんとう」という訓練を通じて伝えて参ります。


レッスン終了後はそれぞれに楽しく体験・体感を語る、お茶シェアタイム♪


教室に来られたときは、不調を訴えて皆さん半分死んでおりましたが(笑)、
レッスン終了後は元気に回復しており、なんとも賑々しく帰っていかれました。


そんな感じで、それとなく本人も知らずに、

いつまにか体力がついていたり、からだの内側から綺麗になっていけばいい…


それが私の純然たる願いであり、

それこそ それはゆっくりと、草花の成長を見守るようなものです。

カントリーレッスン①

大御食たんとう

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR