FC2ブログ

【 立身中正 りっしんちゅうせい 】

☯立身中正 : その身を立てて 身体内部を正しく保つ

「中正」とは、人体内の上下左右前後の
 
三つの軸の交点に働く、力場による安定状態を指します。
 

ダビンチの有名な、ウィトルウィウス的人体図は(1490年)
それを二次元で描き現しておりますが、
 
実際は円転サークルの中心(丹田)、その立体次元の状態を指します。


円の中心・円心が「宇宙の中心」
 
へそ奥丹田の火起こし
 
へそ奥丹田より「熱動」が生まれ、
 
 
中心にエネルギーが集まり、中心からエネルギーが広がり、
 
 
その繰り返しによりうまく言葉では表現しきれない、
不可思議な力場が形成される。



これを古代中国の宇宙哲学では、
無極から太極を生じ、太極から陰陽を生じ、
 
陰陽から絶え間のない立体生命運動である
 
☯「陰陽太極」を生ず、と表現したのです。



練習者が初段階で最初に練り込むは、
 
「立身中正 りっしんちゅうせい」と呼ばれる
 
まずは上下の「中正」
 
上下に引き合い拮抗する矛盾力・争力を養います。



仏道の言葉ですが「衆生の自秘」 … 
 
自分の中にある主体性、素晴らしい可能性を信じず、
 
目の前に学びの種があっても気づかないこと。
 

「衆生の自秘」
 
秘伝も何も、実はわたしたちの目の前に
すべて明らかにされているものです。


【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/

11694838_487624321403427_8368630760819993978_n.jpg







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント