FC2ブログ

【 学ばずして 学ぶ Learn without learning 】

牛伏川②


人の学ばずして能(よ)くする所の者は、其の良能なり。

慮(おもんばか)らずして知る所の者は、其の良知なり。

『孟子』
.

上のような言葉を前にするに、実に深い洞察とその解釈が要求されるのですが、

特に学ばなくても良き判断を行って参る、人間生来の能力を“良能”として捉えます。

また、思慮をめぐらさなくても本来、人間生命として良く知っているはずの生来の知能を“良知”として捉えます。


人は生まれながらにして、この良知良能が備わっているとする思想です。


received_545676372552367.jpeg


地域の歴史と先人の知恵に触れる、信濃一級河川「牛伏川 うしぶせがわ」でのアクティビティ。

前回、投稿した鉢伏山 はちぶせやま は、牛伏山の源流に当たるお山です。

無理のないボディーワークの手助けによるからだとこころの素直な解放と、
理屈抜きにその場に足を運び、五感六感を通して触れる機会を経て、
参加される方々が何かしら知らずに学んでいる活動として、アクティビティの数々を行っております。


牛伏川①


今後もこのようなアクティビティを、季節やからだとこころの変化を読み取りながら、あちらこちらで企画して参ります。

よろしくお願いいたします。


牛伏川③


「現成 げんせい」とは、眼前にすでに出現し出来ていることであり、
“良知”を発言させるために作為的もしくは意識的な修養は無用であって、
“良知”はすでに既成の善悪を超えて、自律的に正しく判断するのだと主張するのです。


【 水鏡 The Mizukagami・Mirror of Water 】②




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント