『 根源なる宇宙のために 』

抵抗なくば 前進なく

これは精神性だけを述べてるわけではありません。

物理世界も同じです。

空気圧がなければ揚力が働かず、

飛行機は飛ぶことが出来ません。


「氣」は原子運動です。

想念も量子エネルギーです。

空間上、それは意識作用と共に存在し、

ラジオ放送局と同じようにチューニングが必要ですが、
ゆえに遠隔が成立するのもそのためです。

なんら不思議はありません。


科学的とはいったいなんでしょうか。

わからないものをわかろうとする姿勢が、科学的姿勢です。

体感によるアプローチを経ず、自身の未体験さを棚に上げて、
否定もしくは、“わかった”と済ませた時点で、それは鼻持ちならぬ傲慢となります。


感覚的には私たちは、特に自身の内にあるその「宇宙」を自認できます。

理屈はあとから。

古代人が生命体として、真に賢明なのはそのためです。

あたまでっかちはつとめて休めて、私たちも原初の感覚を呼び覚まそう。


このたおやかなる生命を生み出した、

根源なる宇宙のために

渾元樁 神社講座


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR